豚乳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
豚乳を飲む子豚

豚乳(Pig milk)は、ブタであり、主に子豚によって消費される。牛乳と比較すると、初乳の組成は似ている[1]。高タンパク質の餌を食べたブタは、そうでないブタよりも多くの乳を生産する[2]。乳の生産量は、乳離れ前後の子豚の体重を推定するのにも用いられてきた[3]

人による利用[編集]

豚からの搾乳は難しいと考えられている。豚は、8-10個の小さな乳首を持ち、それぞれが少量の乳を出す。また、雌豚自体が搾乳を嫌がり、人が存在すると怯えて攻撃的になる[4][5][6]。豚乳の味は、「獣臭い」とされる[6]

チーズ[編集]

豚乳から作ったチーズは、豚乳の風味が濃縮され強くなると言われる[4]。料理人のエドワード・リーは、豚乳からリコッタチーズを作り、「美味しい」と記述している[5]

健康[編集]

エグリントン伯爵夫人のスザンナ・モンゴメリーは、豚乳で洗顔した後にそれを飲んでいた。彼女はこれが体型や顔色の維持に役立つと信じていて、この美容法を周りに勧めていた。

出典[編集]

  1. ^ Park, Young W.; Professor Emeritus Sung Woo Kim (2013). Milk and Dairy Products in Human Nutrition: Production, Composition and Health. John Wiley & Sons Ltd.. ISBN 1118534220. 
  2. ^ Hughes and Hart 1934, p. 312.
  3. ^ Subcommittee on Feed Intake (contributor) (January 15, 1987). Predicting Feed Intake of Food-Producing Animals. National Academies. p. 25. http://books.google.com/books?id=X2krAAAAYAAJ&pg=PA25. 
  4. ^ a b Hirsch, Jesse (2014年3月10日). “To Milk a Pig: One Chef’s Obsession”. Modern Farmer. 2014年10月20日閲覧。
  5. ^ a b Phelan, Benjamin (2012年7月24日). “Others’ Milk”. Slate. 2014年10月20日閲覧。
  6. ^ a b Sietsema, Robert (2011年11月21日). “Why Not Pig Milk?”. Village Voice. 2014年10月20日閲覧。

参考文献[編集]

  • Hughes, E.H.; Hart, Hugh G. (1934年8月11日). “Production and Composition of Sow's Milk”. University of California Davis, College of Agriculture, Division of Animal Husbandry. 2014年10月20日閲覧。

関連文献[編集]

外部リンク[編集]