ヤギ乳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヤギ乳
ヤギの搾乳
ヤギ乳を利用するロカマドゥールチーズフランス産)

ヤギ乳(やぎにゅう)は山羊乳とも書き、家畜化されたヤギである。ヤギ乳としてだけでなく、チーズ作りなどにも利用されている。

概要[編集]

ヤギは世界の年間乳総供給量の約2パーセントを生産する。[1]一部のヤギは、搾乳用に飼育されている。ヤギ乳には、自然に小さくてよく乳化した脂肪球が含まれている。したがって、均質化する必要はない。最終的に、クリームは数日かけて上に上がる。乳をチーズの製造に使用する場合、均質化は推奨されない。これは、乳の構造を変化させ、培養物の牛乳を凝固させる能力と、チーズの最終的な品質と収量に影響を与えるためである。[2][3]

家畜化されたヤギは、全盛期 (通常、3回目または4回目の泌乳周期前後) には、10か月の授乳期間で、平均 2.7 から 3.6 kg の乳を生産し、出産直後はより多くの量を生産し、授乳期の終わりに向かって生産量が徐々に低下する。ヤギ乳は一般的に平均して 3.5% の乳脂肪を含んでいる[4]

利用[編集]

ヤギ乳はそのままも飲まれるが、バターチーズロカマドゥールなどのシェーブルチーズ)、ヨーグルト粉ミルクなどの乳加工品が作られる。

流通[編集]

日本では牛乳とは違って、一般スーパーコンビニなどでは流通していないが、インターネットでの販売は行われている[5][6]。日本の近隣諸国では、中国東北部でコンビニなどでも販売されている。

アメリカ合衆国では、メイェンバーグ社[7]カリフォルニア州)がヤギ乳製品を広く健康食品店を中心に流通させており、日本でも同社のゴートミルク(ヤギ乳)、ミルクパウダー(粉ミルク)などがインターネットで販売されている[8]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]