ミルク繊維

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ミルク繊維(ミルクせんい)[注釈 1]は、牛乳に含まれるタンパク質カゼインを原料としたタンパク繊維英語版アズロン英語版)の一種である。イタリアSNIA社の「ラニタル」、日本の東洋紡の「シノン」、イギリスのコートルズ英語版社の「フィブロレイン英語版[1]」などの商品名がある。動物性タンパク質を原料としているが、ウール羽毛などと同じ動物繊維ではなく再生繊維の一種に区分される[2]

ラニタル[編集]

1935年イタリアの化学者アントニオ・フェレッティイタリア語版が、脱脂乳に酸性物を加えてカゼインを取り出し、アルカリを加えて蜂蜜程度の粘性を持たせて紡糸する方法により人造羊毛の製造に成功。ドイツで先行して研究していたトッテン・ハプトのものより良質であった。当時第二次エチオピア戦争のさなかにあったイタリアは国際連盟から経済制裁を受けており、繊維製品の自給は急務であった。この繊維はラニタルイタリア語版と名付けられ[注釈 2]SNIA Viscosa英語版により製品化された[4]。生地の強度や柔軟性はウールに劣り、アイロンにも弱いという弱点から、その後登場した化学繊維に次第に取って代わられた[5]

プロミックス[編集]

日本の繊維メーカー東洋紡は、牛乳のタンパクを塩化亜鉛で溶解し[6]アクリロニトリルグラフト重合して湿式紡糸したプロミックス繊維「シノン」[注釈 3]1969年から生産開始した[7]。プロミックスはプロテイン(タンパク質)とアクリル繊維の原料をミックスしていることに由来し[8]JIS規格では重量割合でタンパク質を30%以上60%未満含む繊維をプロミックスと定めている。1リットルの牛乳からは約60グラムのプロミックス繊維が作られ[8]、短繊維のステープルではなく長繊維のフィラメントとして流通した[6]

東洋紡では福井県の敦賀事業所に年産1000トンの生産設備を有していたが、2003年秋に生産休止。2004年に事業撤退した[9]家庭用品品質表示法に基づく繊維製品品質表示規程からは、2017年3月末で繊維名の指定用語が除かれた[10][11]

特徴[編集]

和装品や、直接肌に触れる肌着ベビー服寝具などに用いられた。ウールの代用品として開発されたラニタルに対し、プロミックスはの代替として開発されたこともあり、に似た光沢と風合いがある[12]虫害に遭いにくく、絹やポリエステルより軽量で保温性・吸湿性耐薬品性英語版染色性に優れるが、耐熱性が低く[8]270℃程度で分解する[6]

持続可能性繊維として[編集]

安価な化繊などに押されて一度は衰退したミルク繊維であるが、過剰生産や消費期限切れなどで廃棄される牛乳を再利用でき、製造工程で必要とする水も木綿に比べて少ないことから、2010年代以降はポリエステルなど石油系化学繊維に代わる持続可能性繊維素材として再び着目されている[5][13]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ミルクファイバー: Milk fiber)、または乳繊維(にゅうせんい)とも。
  2. ^ 「Lanital」。イタリア語でウールを意味するLan(a)と、ital(iana)を複合したかばん語である[3]。第二次世界大戦後は「メリノバ(Merinova)」に名称を改めた[1]
  3. ^ シノン(Chinon)は東洋紡の商標名。

出典[編集]

  1. ^ a b 森北出版「化学辞典(第2版)」『カゼイン繊維』 - コトバンク
  2. ^ 下村 寿「繊維の分類」『繊維製品消費科学』第8巻第5号、1967年、 271-278頁、2020年6月21日閲覧。
  3. ^ Cenerentola e il simbolismo sessuale della scarpa” (イタリア語). TRAMA E ORDITO il blog della moda (2017年4月). 2022年6月10日閲覧。
  4. ^ 大阪毎日新聞 1936.6.17「人造羊毛をミルクから作る」”. 神戸大学経済経営研究所 新聞記事文庫 (2010年4月). 2022年6月10日閲覧。
  5. ^ a b サステナブル素材:賞味期限切れの牛乳、衣料に再生 伊・デュディラッテ”. ファッションユナイテッド (2019年5月24日). 2022年6月10日閲覧。
  6. ^ a b c プロミックス繊維の特徴|牛乳たんぱく質から作られた半合成繊維の取り扱い、洗い方まで”. 砥石と研削研磨の情報サイト. 2022年6月10日閲覧。
  7. ^ 東洋紡 『東洋紡百三十年史』2015年3月、83頁。 
  8. ^ a b c お手入れ工房 プロミックス”. イトキン. 2022年6月10日閲覧。
  9. ^ “東洋紡/シノンから撤退”. 繊維ニュース. (2004年5月28日). https://sen-i-news.co.jp/seninews/view/?article=65304 2022年6月10日閲覧。 
  10. ^ 家庭用品品質表示法施行規則の一部を改正する内閣府令案新旧対照条文 (PDF)”. 消費者庁 (2017年3月30日). 2022年6月10日閲覧。
  11. ^ “プロミックス” と “ポリクラール”のお話です…”. ニッセンケン品質評価センター (2017年4月15日). 2022年6月10日閲覧。
  12. ^ ご存知でしたか。牛乳から繊維が出来るんですよ!”. KNIT MAGAZINE(丸安毛糸) (2020年6月27日). 2022年6月10日閲覧。
  13. ^ 衝撃のやさしさ。ミルクからつくられた服”. MYLOHAS (2014年10月3日). 2022年6月10日閲覧。