角田涼太朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
角田 涼太朗 Football pictogram.svg
名前
愛称 ツノ
カタカナ ツノダ リョウタロウ
ラテン文字 TSUNODA Ryotaro
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1999-06-27) 1999年6月27日(23歳)
出身地 埼玉県さいたま市
身長 183cm
体重 77kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 横浜F・マリノス
ポジション DF
背番号 33
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2020- 横浜F・マリノス 2 (0)
代表歴
2021  日本 U-23 1 (0)
獲得メダル
サッカー
ユニバーシアード
2019 ナポリ 男子
1. 国内リーグ戦に限る。2021年12月6日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

角田 涼太朗(つのだ りょうたろう、1999年6月27日 - )は、埼玉県さいたま市出身のプロサッカー選手Jリーグ横浜F・マリノス所属。ポジションはディフェンダー

経歴[編集]

埼玉県出身で、橋岡大樹らと同期だった浦和レッズジュニアユースでは試合になかなか絡めずユース昇格を逃し、高校は前橋育英高校に進学[1]。前橋育英高校では2年時に全国高校サッカー選手権大会で準優勝、3年時には全国高校サッカー選手権大会で優勝した[2]

大学は筑波大学に進学し、左利きのセンターバックとして注目を集めてU-20日本代表にも選出[3]。J1の4クラブ、J2の1クラブからの正式オファーの中から横浜F・マリノスを選択し[3]、大学3年の2020年10月、横浜F・マリノスへの2022年からの加入内定が発表され、同時に特別指定選手にも認定。10月10日の大分トリニータ戦で途中出場からJデビューを果たした[4]。「プロとして上を目指すうえで少しでも早くプロの環境でプレーすることが重要」として、関東大学サッカーリーグ戦の前期が終了した2021年6月末をもって筑波大学蹴球部を退部。2021年7月7日に横浜F・マリノスと2021年7月1日付でプロ契約し、2022年からの加入予定を半年早めて大学4年の夏に加入した[5][6][7]

2021年11月6日、FC東京戦に途中出場しプロ契約後初出場[8]。2022年3月6日、清水エスパルス戦ではプロ入り初先発を勝利で飾った。[9]

人物[編集]

三菱重工浦和レッズレディース所属(2種登録)の角田楓佳は5歳年下の実妹[8][10]

尊敬する先輩として母校・前橋育英高校の先輩である松田直樹を挙げる[3]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2020 筑波大 3 - - - 5 0 5 0
2020 横浜FM 36 J1 1 0 0 0 - 1 0
2021 1 0 0 0 - 1 0
2022 33
通算 日本 J1 2 0 0 0 0 0 2 0
日本 - - 5 0 5 0
総通算 2 0 0 0 5 0 7 0
  • 2020年は特別指定選手

タイトル[編集]

クラブ[編集]

前橋育英高校

代表・選抜[編集]

ユニバーシアード日本代表
関東大学選抜A

個人[編集]

  • 全国高等学校サッカー選手権大会・優秀選手(2017年)

代表歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “横浜FM、18日・浦和戦で4連勝へ 中学時代浦和在籍のDF角田涼太朗「勝つことで成長を見せたい」”. スポーツ報知. (2022年5月17日). https://hochi.news/articles/20220517-OHT1T51037.html?page=1 2022年5月17日閲覧。 
  2. ^ 筑波大DF角田涼太朗、Jオファー殺到の希少価値と葛藤。「どのクラブを選んでも間違いはない」 Number Web(2020年9月8日)2020年10月10日閲覧。
  3. ^ a b c 筑波大3年角田涼太朗がマリノスを選んだ理由は? 「先輩・松田直樹さんも超えていきたい」 Nuber Web(2020年10月9日)2020年10月10日閲覧。
  4. ^ 後半ゴールラッシュの横浜FM、大分に4発快勝…筑波大在学中DF角田涼太朗がJ1デビュー ゲキサカ(2020年10月10日)2020年10月10日閲覧。
  5. ^ 角田涼太朗選手 プロ契約締結のお知らせ”. 横浜F・マリノス (2021年7月7日). 2021年7月7日閲覧。
  6. ^ DF角田涼太朗、横浜FM入団前倒し!筑波大半年残し正式加入へ!!「夢と希望を与えるプレーを」 ゲキサカ(2021年7月7日)2021年7月10日閲覧。
  7. ^ 横浜FM角田涼太朗「まずはスタメンで試合に出ることを目標に」半年前倒しでプロ契約 スポーツ報知(2021年7月10日)2021年7月15日閲覧。
  8. ^ a b 木田亜紀彦 (2021年11月9日). “プロデビューした横浜M・角田 「勝利に貢献できれば」”. カナロコ by 神奈川新聞. https://www.kanaloco.jp/sports/soccer/marinos/article-739549.html 2022年4月20日閲覧。 
  9. ^ 横浜FM角田涼太朗、初先発のチャンスで手応え課題収穫も「まだ何も成し遂げてない」「多く試合に絡みたい」スポーツ報知(2022年3月10日)2022年3月12日閲覧。
  10. ^ 児玉幸洋 (2021年12月27日). “途中退部、今夏横浜FM入団の角田涼太朗「決断は間違っていなかった」…大学同期、前育同期、妹・角田楓佳ら多くが刺激に”. ゲキサカ. https://web.gekisaka.jp/news/detail/?348852-348852-fl 2022年4月20日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]