西常央

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
西 常央
Nishi Tsunenori.png
生年月日 嘉永元年(1848年
出生地 肥前国松浦郡平戸
没年月日 1900年明治33年)3月15日
死没地 沖縄県首里区字赤平
前職 沖縄県警部
称号 従七位
配偶者 西綾子
子女 西藤郎、庫太、国雄、弘海
親族 西秉常(父)

島尻役所長
在任期間 1884年(明治17年)8月12日 -

八重山島役所長
在任期間 1885年(明治18年)4月7日 -

首里役所長
在任期間 1890年(明治23年)7月2日 - 1896年(明治29年)4月1日
テンプレートを表示

西 常央(にし つねのり、嘉永元年(1848年) - 1900年明治33年)3月15日)は明治時代の地方官僚。通称は常一朗[1]平戸藩出身。長崎県警部沖縄県島尻役所長、八重山島役所長、首里役所長。琉球文学資料や生物標本を収集した。

生涯[編集]

長崎県[編集]

嘉永元年(1848年)肥前国平戸藩に生まれた[1]明治3年(1870年)藩庁掌となった後、明治5年(1872年)1月21日鎮西鎮台四等軍曹・一番小隊附給養掛、2月22日給養軍曹更射的掛を務め、10月20日長崎県に帰任した[1]。1873年(明治6年)5月10日第24大区取締小頭、1874年(明治7年)11月10日同大区番人小頭[1]。1875年(明治8年)6月7日平戸支庁詰となり、12月17日帰県した[1]

1876年(明治9年)10月27日警備隊給養掛となり[1]、1877年(明治10年)西南戦争に従軍した[2]。同年7月14日一等巡査、1878年(明治11年)9月14日十等警部となり、1879年(明治12年)1月14日長崎県警察署、12月25日大村警察署、1880年(明治13年)8月25日唐津警察署に勤務した[1]

沖縄県[編集]

沖縄県立博物館所蔵「八重山風俗絵図」中の西常央

1879年(明治12年)の琉球処分を受けて[2]、1880年(明治13年)11月30日沖縄県八等警部となり、1881年(明治14年)1月7日首里警察署[1]、10月11日那覇警察署に属し、31日東風平分署所轄巡回を務めた[3]。12月17日検事補を兼ね、28日裁判掛詰検事となった[3]。1884年(明治17年)8月12日兼官を解かれ、同日島尻役所長となった[3]

八重山島役所[編集]

1885年(明治18年)4月7日八重山島役所長となり、4月10日警部を兼任した[3]。9月石垣島川平を巡検し[4]、松中の風葬墓を平家の落人の墓と誤信し、散骨を合葬して「大和墓」の墓標を建立した[5]

1886年(明治19年)3月18日八重山島警察署長、8月9日島役所長兼警察署長[3]

八重山時代かそれ以前、風土病の流行する西表島に自ら実験台になるつもりで上陸し、マラリヤを発病した[6]。病原が未だ明らかでない中、症例が小さい村落に多く見られ、大きい集落では見られないとして、村落を合併すれば予防できるとの仮説を唱えた[6]。また、昆虫類を採集し、1886年(明治19年)12月頃県に標本を寄贈している[7]

帰島[編集]

1890年(明治23年)7月2日首里役所長兼中頭役所長となり、3日兼官を解かれ[3]、また宮古島役所長を兼務した[8]。1892年(明治25年)春中頭郡内でケブカガニ中国語版[9]フトユビシャコモドキブルガリア語版[10]を採集した。1893年(明治26年)3月バジル・ホール・チェンバレンに『おもろさうし』等の写本を提供[11]、6月25日笹森儀助と会い[6]、1894年(明治27年)12月来島した幣原坦尚家宝物の閲覧を斡旋した[12]。1895年(明治28年)11月29日帝国大学に本島産メックワハブ標本を寄贈した[7]

第4代県令西村捨三の県政を評価する一方、他の知事は成果を上げていないと批判し[13]、当時の知事奈良原繁とも折り合わなかった[14]。1896年(明治29年)4月1日郡制施行に伴い内閣により中頭郡長に任命されると、同日付で県から書記への降格を命じられ[14]、6月10日非職、10月9日免官となり[3]、以後は県属として事務職を務めた[14]。11月11日北松浦郡平戸村228番地から首里区字赤平55番地に戸籍を移した[15]

1897年(明治30年)小川鋠太郎・和田規矩夫・太田朝敷鳥居竜蔵黒岩恒・熊谷釟吉・富永実達と沖縄県尋常師範学校に沖縄人類学会を設立した[16]

1900年(明治33年)3月15日沖縄で死去し、島尻郡真和志村古波蔵楚辺原共同墓地に葬られた[3]。1921年(大正10年)後任斎藤用之助により洗骨・火葬され、平戸に移葬された[14]

旧蔵資料[編集]

戦後平戸に残っていた資料は琉球大学池宮正治研究室を経て沖縄県立博物館沖縄県公文書館那覇市歴史博物館に分蔵された[21]。県立博物館所蔵資料には丸岡莞爾奈良原繁宜湾朝保護得久朝置護得久朝常等の短冊が含まれる[22]

八重山数へ歌[編集]

八重山時代に作詞した[23]

  1. 一つとや 人々うらやむ八重山に 気候閑に民豊か
  2. 二つとや 父母になづらう二大島 石垣島西表
  3. 三つとや 宮良に大浜石垣与那国合せて四郡制
  4. 四つとや 四方に名高き大川は 流れも清き宮良川
  5. 五とや いつも賑ふ成屋村 世界に轟く石炭坑
  6. 六とや 昔文亀の頃とかよ 多良間と与那国交換し
  7. 七とや 名蔵の村に程近き 川平の山に大和墓
  8. 八とや 八重山島は3千戸 人口1万4千余
  9. 九とや 此の島数は9つに、村数合わせて32
  10. 一○とや 所は石垣四箇の里 役所に警察学校所

西家[編集]

本姓は藤原[1]

子孫は北九州市に移住した[21]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 末次 2010, p. 91.
  2. ^ a b 末次 2010, p. 93.
  3. ^ a b c d e f g h i 末次 2010, p. 92.
  4. ^ 東喜望「南島とインドネシアの古葬墓」、『白梅学園短期大学紀要』第39号、白梅学園短期大学2003年3月
  5. ^ 末次 2010, p. 100.
  6. ^ a b c 末次 2010, p. 99.
  7. ^ a b 末次 2010, p. 98.
  8. ^ 末次 2010, p. 105.
  9. ^ ケブカガニ - 東京大学総合研究博物館カニ類標本データベース
  10. ^ フトユビシャコモドキ - 東京大学総合研究博物館シャコ類標本データベース
  11. ^ 末次 2010, pp. 95-97.
  12. ^ 末次 2010, pp. 97-98.
  13. ^ 末次 2010, p. 102.
  14. ^ a b c d 末次 2010, p. 103.
  15. ^ a b c 末次 2010, p. 95.
  16. ^ 末次 2010, pp. 103-104.
  17. ^ a b c 末次 2010, p. 96.
  18. ^ a b 筑波大学所蔵琉球関係資料 収録資料一覧
  19. ^ NDLJP:2607681
  20. ^ 末次 2010, p. 97.
  21. ^ a b 末次 2010, p. 90.
  22. ^ a b c 末次 2010, p. 94.
  23. ^ 末次 2010, p. 107.
  24. ^ a b c d e 平戸高小 1917, p. 292.
  25. ^ a b c d e f 末次 2010, p. 106.
  26. ^ 末次 2010, p. 104.

参考文献[編集]