齋藤用之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
齋藤 用之助

第11代齋藤 用之助(さいとう ようのすけ、1859年安政6年) - 1933年昭和8年))は、沖縄県の行政官、実業家。中頭郡長、首里区長、島尻郡長、那覇区長を歴任した。

佐賀藩(現在の佐賀県佐賀市諸富町山領)で誕生し、1877年(明治10年)、佐賀で巡査となるが、明治政府による1872年(明治5年)から続いた琉球処分の結果、1879年(明治12年)に琉球が沖縄県となったため、初代県令に任命された鍋島直彬に随って沖縄に赴任した。その後、県行政職に転じ、46年間にわたって沖縄の近代化に大きく貢献した[1]

出典[編集]

[脚注の使い方]