西川俊作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
西川 俊作
生誕 (1932-06-18) 1932年6月18日
死没 (2010-01-27) 2010年1月27日(77歳没)
国籍 日本
研究機関 (機関)慶應義塾大学
日本経済学会
日本統計学会
研究分野 計量経済学
数量経済史
労働経済学
母校 慶應義塾大学(学士修士博士
博士課程
指導教員
鈴木諒一
影響を
受けた人物
ワシリー・レオンチェフ
アレクサンダー・ガーシェンクロン
実績 日本の労働市場での地域間差異
数量経済史パネルデータ分析
受賞 日経・経済図書文化賞1966年
東京海上各務記念財団賞(1986年
テンプレートを表示

西川 俊作(にしかわ しゅんさく、1932年6月18日 - 2010年1月27日)は日本の経済学者経済学博士慶應義塾大学名誉教授。秀明大学元教授。福沢諭吉協会常務理事。『福澤諭吉書簡集』編集委員。

略歴[編集]

学歴[編集]

  • 1955年 - 慶應義塾大学経済学部卒業、同大学院経済学研究科修士課程進学
  • 1957年 - 同修士課程修了、同博士課程進学
  • 1961年 - 同大学院経済学研究科博士課程満期取得退学
  • 1971年 - 経済学博士(慶應義塾大学)「地域間労働移動と労働市場」

研究歴[編集]

著作[編集]

単著[編集]

  • 『産業研究所シリーズ. no.1,3-16,18-110,121-130,141-146』 慶應義塾大学産業研究所、1961~1965。
  • 『地域間労働移動と労働市場 昭和戦前期・繊維労働者の地域間移動』 慶應義塾大学商学会編、有斐閣〈商学研究叢書 5〉、1966年
  • 『計量経済学のすすめ』 毎日新聞社〈エコノミスト・シリーズ〉、1970年
  • 『経済学』 東洋経済新報社、1974年
  • 『経済分析と経済政策』 日本経済新聞社、1975年
  • 『経済学』 東洋経済新報社、1979年4月、第2版。
  • 『江戸時代のポリティカル・エコノミー』 日本評論社〈日評選書〉、1979年12月。
  • 『労働市場』 日本経済新聞社〈日経文庫 経済学入門シリーズ〉、1980年3月。
  • 『日本経済の成長史』 東洋経済新報社〈スタンダード経済学シリーズ〉、1985年12月。ISBN 4-492-81240-7
  • 『福沢諭吉と三人の後進たち』 日本評論社〈エコノブックス 9〉、1985年12月。ISBN 4-535-04109-1
  • 『経済学』 東洋経済新報社、1988年4月、第3版。ISBN 4-492-31173-4
  • 『経済学』 東洋経済新報社、1994年8月、第4版。ISBN 4-492-31215-3
  • 『福沢諭吉の横顔』 慶應義塾大学出版会〈Keio Up選書〉、1998年3月。ISBN 4-7664-0684-2
  • 『長州の経済構造 1840年代の見取り図』 東洋経済新報社〈慶応義塾大学産業研究所選書〉、2012年1月。ISBN 978-4-492-37110-7

共著・編著・共編著[編集]

  • 『労働市場』 西川俊作編、日本経済新聞社〈リーディングス・日本経済論〉、1971年
  • 『金融政策』 貝塚啓明編、日本経済新聞社〈リーディングス・日本経済論〉、1972年
  • 『現代産業論. 1』 篠原三代平馬場正雄編、日本経済新聞社、1973年
  • 『日本の産業組織』1、熊谷尚夫編、中央公論社、1973年
  • 新保博速水融・西川俊作 『数量経済史入門 日本の前工業化社会』 日本評論社〈叢書・現代経済学入門 15〉、1975年
  • 『都市銀行研修会講義集. 第32回』 東京銀行協会、1975年
  • 『日本経済の発展 近世から近代へ』 梅村又次〔ほか〕編、日本経済新聞社〈数量経済史論集 1〉、1976年
  • 『社会保障研究所シンポジウム資料. 第10回』 社会保障研究所、1976年2月。
  • 『日本経済と雇用・失業問題』 栗田健編集代表、御茶の水書房〈社会政策学会年報 第21集〉、1977年5月。
  • 『近代移行期の日本経済 幕末から明治へ』 新保博安場保吉編、日本経済新聞社〈数量経済史論集 2〉、1979年2月。
  • 『現代労働市場分析』 中村隆英・西川俊作編、総合労働研究所、1980年11月。
  • 『戦間期の日本経済分析』 中村隆英編、山川出版社、1981年2月。
  • 『福沢諭吉年鑑』8(1981)、福沢諭吉協会、1981年12月。
  • 『経済発展と金融 理論・政策・歴史 朝倉孝吉先生還暦記念論文集』 逸見謙三〔ほか〕編、創文社、1982年9月。
  • 『平和学の数量的方法』 日本平和学会編集委員会編、早稲田大学出版部〈講座平和学 3〉、1984年11月。
  • 『福沢諭吉年鑑』11(1984)、福沢諭吉協会、1984年10月。
  • 『福沢諭吉年鑑』12(1985)、福沢諭吉協会、1985年10月。
  • 西川俊作チーム著 『ソフト化・サービス化の国際比較』 大蔵省財政金融研究所研究部編、大蔵省印刷局〈ソフトノミックス・フォローアップ研究会報告書 第3部, 構造変化と経済運営 2, ソフトノミックス・シリーズ 17〉、1986年1月。
  • 『日本経済史』4、梅村又次〔ほか〕編、岩波書店、1990年1月。ISBN 4-00-003454-5
  • 『日本経済史』5、梅村又次〔ほか〕編、岩波書店、1990年2月。ISBN 4-00-003455-3
  • 『KEO実証経済学』 岩田暁一・西川俊作編、慶應義塾大学産業研究所〈慶應義塾大学産業研究所KEOモノグラフシリーズ no.6〉、1995年3月。
  • 『経済学とファイナンス』 西川俊作編、東洋経済新報社、1995年6月。ISBN 4-492-31219-6
  • 『日本経済の200年』 西川俊作〔ほか〕編、日本評論社、1996年1月。ISBN 4-535-55026-3
  • 『ふだん着の福澤諭吉』 西川俊作・西澤直子編、慶應義塾大学出版会〈Keio UP選書〉、1998年8月。ISBN 4-7664-0708-3
  • 三重野勝人 『福澤諭吉』 大分県立先哲史料館編、西川俊作監修、大分県教育委員会〈大分県先哲叢書〉、1999年3月。
  • 『福澤諭吉論の百年』 西川俊作・松崎欣一編、慶應義塾大学出版会〈Keio UP選書〉、1999年6月。ISBN 4-7664-0732-6
  • 福澤諭吉 『福澤諭吉書簡集』第5巻、慶應義塾編・寺崎修・西川俊作編集責任、岩波書店、2001年10月。ISBN 4-00-092425-7
  • 福澤諭吉 『福澤諭吉書簡集』第7巻、慶應義塾編・川崎勝・西川俊作編集責任、岩波書店、2002年3月。ISBN 4-00-092427-3
  • 福澤諭吉 『福澤諭吉著作集』第1巻、マリオン・ソシエ・西川俊作編、慶應義塾大学出版会、2002年5月。ISBN 4-7664-0877-2
  • 福澤諭吉 『福澤諭吉著作集』第3巻、小室正紀・西川俊作編、慶應義塾大学出版会、2002年1月。ISBN 4-7664-0879-9
  • 福澤諭吉 『福澤諭吉著作集』第5巻、西川俊作・山内慶太編、慶應義塾大学出版会、2002年11月。ISBN 4-7664-0881-0
  • 福澤諭吉 『福澤諭吉著作集』第8巻、岩谷十郎・西川俊作編、慶應義塾大学出版会、2003年9月。ISBN 4-7664-0884-5

翻訳[編集]