西光万吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

西光 万吉(さいこう まんきち、1895年4月17日 - 1970年3月20日)は、戦前日本の部落解放・社会運動家、政治運動家、著述家。本名は清原 一隆

人物[編集]

全国水平社設立の中心人物で、水平社旗の意匠の考案者および水平社宣言の起草者として知られる。従弟の亀本源十郎も水平社で活動していた[1]

奈良県御所市被差別部落の寺院、浄土真宗本願寺派西光寺に生まれる。多感な青年期に受けた数々の差別に悩み、学校を転々とし離郷して画家志望となるなど出自をめぐる悩みを経験。その頃に起きた米騒動に触発され、同郷の盟友である阪本清一郎(後の水平社共同設立者)、駒井喜作らと共に青年運動、社会改造運動に没入していった。この頃から多くの社会活動家に面会するなどしているが、そのきっかけは、「主義者は部落民を差別しないから」(晩年の述懐)という単純な理由であったといわれる。賀川豊彦の社会主義思想(キリスト思想)、佐野学の共産主義思想などに触発され、全国水平社創設につながった。

労働農民党、第二次共産党に参加したが、三・一五事件で検挙されて投獄、思想転向を迫られた。結局、転向書を提出して仮出獄後は国粋主義に傾倒し、皇国農民同盟などの極右団体を指揮した。国家主義の観点から大日本青年党と協同し、天皇制の下で部落意識の解消を図ろうとする「新生運動」を起こした。さらに阪本とともに石川準十郎大日本国家社会党に入党して国家社会主義運動に加わる。こうした融和主義的な姿勢は「水平社」の頃の思想とは全く相いれないものであった。

第二次世界大戦後は、一転して日本の再軍備に反対し「不戦和栄」を訴えた。原水爆禁止運動にも加わるなど社会運動にも取り組んだが、部落問題に関わることはなかった。生前に公の場で半生を回顧する機会もなく、画家として余生を送った。

後世の評価には、部落解放運動における西光の水平社宣言がクローズアップされる一方、思想転向後の経歴は黙殺されることも多い。永六輔1968年頃に芸能史の取材で西光と会っているが、「ひょっとしてあなたは、水平社宣言をお書きになった先生ですか」と永に尋ねられた西光は非常に困惑した顔を見せたという[2]

略歴[編集]

その他[編集]

  • 幼年期より絵画の才能に恵まれており、早くから数々の賞を受けるなど実力を認められていた。晩年には画家としても多くの作品を残している。
  • 青年時代に転入学を繰り返しているが、教師や級友などの出自に対する差別行為から逃れるためだったといわれる。こうした被差別体験による逃避意識は、後年のセレベス移住計画の伏線ともなった。
  • 住井すゑ著「橋のない川」に登場する小森村安養寺の息子、村上秀昭(秀坊ん)のモデルとされる。
  • 和歌山県紀の川市の寓居跡に「不戦和栄の碑 - 西光万吉永住の地」の碑がある。
  • 大阪人権博物館内には、水平社宣言を記念した「西光万吉記念室」が置かれている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 木村京太郎『水平社運動の思い出』下巻232頁
  2. ^ http://www.jinken.ne.jp/flat_now/buraku/2001/02/02/1345.html

関連書籍[編集]

外部リンク[編集]