荊冠旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
戦後から現在の荊冠旗
水平社時代の荊冠旗

荊冠旗(けいかんき)とは全国水平社およびその後継団体の1つである部落解放同盟の団体旗。荊冠とはナザレのイエス十字架の上で被せられたの冠であり、受難と殉教の象徴とされる。デザイン考案者は全国水平社創立者の一人西光万吉である。

水平社時代の荊冠旗は黒地(差別が続く暗黒社会の象徴)の中にの色(殉教の象徴)の荊冠が描かれていた[1]が、戦後は全面黒地を赤地に変え、水平社時代のデザインが左上に縮められた形で左肩に“希望”を表す白い星が挿入された[2]。現在、機関紙解放新聞』には「荊冠旗」と題するコラムが連載されている。

ちなみに、被差別部落に関する報道、同和批判に消極的なことを荊タブーと呼ぶことがある。

脚注[編集]

  1. ^ 画像
  2. ^ 画像