荒井洋明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
荒井洋明
別名 シグナルP、Dios、Hiroaki Arai
生誕 (1983-08-03) 1983年8月3日(34歳)
職業 エンジニア作曲家編曲家作詞家
公式サイト twinkledisc(Dios/シグナルP)

荒井 洋明(あらい ひろあき、1983年8月3日 - )は、日本ミュージシャンシグナルPDiosといった名義も用いており、現在は、それらをつなげたDios/シグナルP名義での活動が主。

概要[編集]

専門学校(東京スクールオブミュージック専門学校)在学中に編曲家としてプロデビュー。その後はフリーの作曲家、編曲家、エンジニアとして活躍し、玉置成実の「Realize」(作曲は同校先輩の大谷靖夫)の編曲といった一般アーティストの楽曲も手掛けている[1]

また、2007年の12月末に歌声合成ソフト鏡音リン・レンを導入、当初は仮歌に使用する目的で購入したものであったが、動画投稿サイトニコニコ動画にて鏡音リン・レンを用いたオリジナル楽曲を発表するようになり、「伝説のリン廃」「鏡音リン・レンマスター[2]」として知られるようになった[1]。シグナルPという別名はニコニコ動画におけるデビュー作品「リンリンシグナル[3]」が由来(Pはプロデューサーの略)でユーザーにより付けられた愛称で、また従来のシグナルPとしての活動とは異なる作風路線を開拓するため、「Dios」という名義も使用している[4]。2011年にはEXIT TUNESより『EXIT TUNES PRESENTS THE BEST OF Dios/シグナルP』をリリース、VOCALOIDプロデューサーとしてもメジャーデビューした。

商業作品(Dios、シグナルP名義のもの)[編集]

CD[編集]

  • 『EXIT TUNES PRESENTS THE BEST OF Dios/シグナルP』(EXIT TUNES、2011年9月21日発売)
    • 「Dios/シグナルP feat. 鏡音リン・レン・GUMI初音ミク巡音ルカKAITO」名義で発売。ジャケットイラストレーターはたま。なお、発売元のクエイクは翌週にエグジットチューンズに社名変更したため、クエイクとしては同日にリリースした『EXIT TUNES PRESENTS Supernova 6』(荒井は不参加)と共に最後のリリース作品となった。
    1. エンクロージャー / Dios/シグナルP feat. 鏡音リン、鏡音レン
    2. 革命 / Dios/シグナルP feat. 巡音ルカ
    3. リンリンシグナル / Dios/シグナルP feat. 鏡音リン、鏡音レン
    4. UNBALANCE / Dios/シグナルP feat. 鏡音リン
    5. サンドリヨン / Dios/シグナルP feat. 初音ミク、KAITO
    6. ラ・ピュセル / Dios/シグナルP feat. 巡音ルカ
    7. トロピカル・サマー / Dios/シグナルP feat. GUMI
    8. twinkle our days -Digi mix- / Dios/シグナルP feat. 鏡音リン
    9. Transmit / Dios/シグナルP feat. 鏡音リン
    10. 会いたい / Dios/シグナルP feat. GUMI
    11. Sigh / Dios/シグナルP feat. 鏡音レン
    12. TABOO / Dios/シグナルP feat. 初音ミク
    13. CHU!して! / Dios/シグナルP feat. 鏡音リン
    14. ラビリンス / Dios/シグナルP feat. 鏡音リン
    15. Brand-new Step / Dios/シグナルP feat. GUMI
    16. サンドリヨン / Dios/シグナルP feat. 赤飯、Mayumi Morinaga
    17. 会いたい / Dios/シグナルP feat. Mayumi Morinaga
    • 作詞
      • Dios/シグナルP(#1、#3、#4、#7、#9)
      • Shino(#1、#4、#8、#14)
      • もっちりオヤジ(#2、#12)
      • orange(#5、#6、#16)
      • Deadman(#10、#17)
      • 花束P(#11)
      • 結月(#13)
      • Kaya(#15)
    • 作曲・編曲 - Dios/シグナルP(全曲)

配信[編集]

いずれも鏡音リン・レンの発売元クリプトン・フューチャー・メディアのレーベル「KarenT」より発売。

  • 『SIGNALOID BOX』(KarenT、2009年3月11日発売)
    1. CHU! して!(feat. 鏡音リン)
    2. Time & Space(feat. 鏡音リン)
    3. ライバル(feat. 鏡音リン)
    4. 怪盗KAITO~今宵も君を求めて~(feat. KAITO)
    5. ひまわり(feat. 初音ミク & 鏡音リン)
    6. 音のリズム♪(feat. 初音ミク、鏡音リン・レン & KAITO)
    7. サンドリヨン(feat. 初音ミク & KAITO)
    8. repeated Regret(feat. 鏡音リン)
    9. ファミリンコンピューター(feat. 鏡音リン)
    10. Overcome(feat. 鏡音レン)
    11. 想いをこめて(feat. 初音ミク & KAITO)
    12. Transmit(feat. 鏡音リン)
    13. 桜舞う日(feat. 初音ミク)
    14. リンリンシグナル(feat. 鏡音リン・レン)
  • 『DigiStyling』(KarenT、2011年8月3日発売)
    1. Rise (feat. メグッポイド)
    2. UNBALANCE (feat. 鏡音リン)
    3. twinkle our days -Digi mix- (feat. 鏡音リン)
    4. 会いたい -GUMI Ver.- (feat. メグッポイド)
    5. カーニバル (feat. 初音ミク)
    6. ラ・ピュセル (feat. 巡音ルカ)
    7. Transient snow (feat. 鏡音リン)
    8. PHANTOM (feat. 鏡音リン)
    9. キミボシ -Birthday mix- (feat. メグッポイド)
    10. Just Be Friends -Punk Ballade mix- (feat. 巡音ルカ)
  • 『EXIT TUNES PRESENTS THE BEST OF Dios/シグナルP』(KARENT、2012年8月10日発売)
    メジャーデビューアルバムのKARENT配信。前述。

楽曲提供・参加作品[編集]

  • Realize』(ソニー・ミュージック・レコーズ、2003年7月24日発売)
  • Prism』(Peertone、2009年6月10日発売)
    • 鏡音リン・レンのサンプリング音声を担当した声優下田麻美による、鏡音リン・レンを用いて発表された人気楽曲のカバーアルバム。「ライバル」「リンリンシグナル」を提供。また、書き下ろしのタイトル曲「Prism」の作曲・編曲を担当[2]
  • EXIT TUNES PRESENTS Vocalostar feat.初音ミク』(EXIT TUNES、2009年6月17日発売)
  • 『EXIT TUNES PRESENTS 神曲を歌ってみた』(EXIT TUNES、2009年10月7日発売)
    • ネット上で人気の歌い手たちによる楽曲を収録したコンピレーション・アルバム。「サンドリヨン」を提供。歌い手は ぽこた&花たん。
  • 『EXIT TUNES PRESENTS Supernova』(EXIT TUNES、2009年12月2日発売)
    • ネットで人気のミュージシャンの楽曲を収録したコンピレーション・アルバム。「twinkle our days」を提供。
  • 『VL-SCRAMBLE』(キングレコード、2010年3月24日発売)
    • VOCALOIDを用いた楽曲を収録したコンピレーション・アルバム。「UNBALANCE feat.鏡音リン」を提供。
  • 『EXIT TUNES PRESENTS SUPER PRODUCERS BEAT MIXED BY Ryu☆』(EXIT TUNES、2010年4月7日発売)
    • Ryu☆(中原龍太郎)によるリミックスアルバム。「サンドリヨン」を提供。
  • 『もっとおかわり、リン・レン ルカ』(セガ、2010年7月1日発売)
  • 『MOMO-i REMIXIES AKIHABA LOVE』(AKIHABA LOVE RECORDS、2010年7月7日発売)
    • 桃井はるこのリミックスアルバム。「ルミカ-Powerful Lumica edit」のリミックスを担当。
  • 『VOCALOID LOVESONGS Girls Side』(MOER、2010年9月22日発売)
    • VOCALOIDを用いた楽曲を収録したコンピレーション・アルバム。「リンリンシグナル」を提供。
  • 『VOCALO LOVERS feat.初音ミク』(ドリーミュージック、2011年3月2日発売)
    • VOCALOIDを用いた恋愛をテーマにした曲を収録したコンピレーション・アルバム。「UNBALANCE」を提供。
  • 『Digital Trax presents VOCALO★POPS BEST feat. 初音ミク』(avex trax、2011年3月9日発売)
    • VOCALOIDを用いたポップスを集めたベストアルバム。「サンドリヨン」を提供。
  • 『EXIT TUNES PRESENTS GUMism from Megpoid』(EXIT TUNES、2011年3月16日発売)
    • Megpoidを用いた楽曲を集めたコンピレーション・アルバム。「会いたい」を提供。
  • 初音ミクVision』(ポニーキャニオン、2011年7月20日)
    • VOCALOID関連作品のPV集。GlassCore feat. MTRAによる「アドレサンス」のPVを収録。
  • 『Digital Trax presents VOCALO★TRANCE BEST』(avex trax、2011年10月5日発売)
    • VOCALOID曲のトランスアレンジを収録したアルバム。「サンドリヨン」を提供。歌い手は鋼兵とうさ。
  • 初音ミク-Project DIVA- extend Complete Collection』(ソニー・ミュージックダイレクト、2011年11月9日発売)
    • ゲームソフト『初音ミク -Project DIVA- extend』の公式コンピレーションアルバム。ゲームに提供した「リンリンシグナル」を収録。
  • 『初音ミク -Project DIVA- extend』(セガ、2011年11月10日発売)
    • ゲーム内に使用される楽曲として「リンリンシグナル」を提供。
  • 『Vocalo Vision feat.初音ミク』(ポニーキャニオン、2011年12月21日発売)
    • VOCALOID関連作品のPV集。御厨わたによる「エンクロージャー」のPVを収録。
  • 『ボカロダンス〜ベスト・アゲ!トラックス〜feat.初音ミク』(EMIミュージック・ジャパン、2012年2月29日発売)
    • VOCALOIDによるダンス系の楽曲を収録したコンピレーション・アルバム。「エンクロージャー」を提供。
  • 初音ミク and Future Stars Project mirai』(セガ、2012年3月8日発売)
    • ゲーム内に使用される楽曲として、40mPの「妄想スケッチ」で鏡音リン歌唱版のマニピュレートを担当。
  • 小室哲哉 meets VOCALOID』(avex trax、2012年3月28日発売)
    • VOCALOIDを用いた小室哲哉プロデュース曲のカバーアルバム。鏡音リンによる「I BELIEVE」を担当。
  • EXIT TUNES PRESENTS Vocalogemini feat.鏡音リン、鏡音レン』(EXIT TUNES、2012年4月4日発売)
    • 鏡音リン・レンを用いた楽曲を収録したコンピレーション・アルバム。「リンリンシグナル」を提供。
  • 初音ミク 5thバースデー ベスト〜memories〜』(ソニー・ミュージックダイレクト、2012年8月1日発売)
    • 初音ミク発売5周年を記念したベストアルバム。「サンドリヨン(Cendrillon)」を提供。
  • 『ボカロ超ミックス39 feat. 初音ミク』(EMIミュージック・ジャパン、2012年9月26日発売)
    • VOCALOIDを用いた楽曲をノンストップ・ミックスしたコンピレーション・アルバム。「リンリンシグナル」、「サンドリヨン」を提供。
  • 『VOCALOID3 meets TRF』(avex trax、2013年3月27日発売)
  • Vivid Telepathy』(ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント、2014年11月19日発売)

脚注[編集]

  1. ^ a b 「特集 VOCALOID」、『DTM magazine』(通号 173) 2008.8、寺島情報企画、 34頁。
  2. ^ a b 佐藤和也 (2009年4月17日). “CD「鏡音リン・レン feat. 下田麻美『Prism』」が6月10日にリリース--下田麻美さん初のソロCDアルバム発売”. GameSpot Japan (CNET Japan). http://japan.gamespot.com/news/story/0,3800076565,20391906,00.htm 2009年9月27日閲覧。 
  3. ^ 同曲については「Hiroaki Arai」の名義で発表されている(“双子姉弟「鏡音リン・レン」、「禁断の愛」歌う?”. J-CAST テレビウォッチ (ジェイ・キャスト). (2008年1月12日). http://www.j-cast.com/tv/2008/01/12015519.html 2009年9月27日閲覧。 
  4. ^ 本多らな 『初音ミク・名曲ガイド』 ヤマハミュージックメディア2009年、124頁。ISBN 978-4-636-84684-3

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

Facebook以外は全てDios/シグナルP名義。