自動車盗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

自動車盗(じどうしゃとう)は、自動車窃盗のことを指し、警察白書では窃盗の一形態に分類される[1]。自動車等の積荷や車両内から現金や品物を盗むことは車上狙いにあたる[2]ので同記事を参照のこと。

統計による窃盗の実態[編集]

法務省と警察庁の統計データより、認知件数は、1973年1998年の間は、3万~3万6千件の間で増減を繰り返していたが、1999年2003年にかけて、急激に増加し、2003年は6万4,223件と統計のある1973年以降の数値で最多となった。そして2003年をピークに減少し、2019年は7,143件と1973年以降最少の件数となった[3][4]

警察庁の2018年の統計データより、自動車10万台当たり11.1台であった。また、自動車のエンジンキー(イグニッションキー)が、メインスイッチ(イグニッションスイッチ)に差し込まれていたままか、運転席又はその周辺に放置された状態で盗難に遭ったものは、全認知件数の約4分の1(2,192件)であり、残りの約4分の3(6,436件) は、そのような状態で無いにも関わらず、盗難に遭っている[5]

被害額別では、200万未満が全認知件数の約65.2%を占めていた。また、2009年~2018年の間で、被害額300万以上の比率が増え(2009年:約9.8%→2018年:約17.8%)、逆に200万未満の比率が減少している(2009年:約75.0%→2018年:約65.2%)傾向がある。そして、盗難自動車が戻ってきた確率は、約28.2%であった。また、自動車のエンジンキー(イグニッションキー)が、メインスイッチ(イグニッションスイッチ)に差し込まれていたままか、運転席又はその周辺に放置された状態で盗難に遭った自動車は約48.0%、そうでない状態の場合は約21.5%であり、前者の方が還ってくる確率が高い[5]

そして、警察等に認知されていない犯罪の件数(暗数)を含めて実際の犯罪実態を調べる目的で2000年以降数年に1回行われる法務省の2019年犯罪被害実態調査[6]により、自動車盗難にあったと答えた自動車所有者の割合は、2018年中に被害が遭ったと回答した者の割合は0.0%、2014年~2018年の間に遭ったと回答した者の割合の場合は、0.2%であった。また、この調査は2000年以降5回行われているが、被害に遭う割合は一貫して1%未満となっており、2019年犯罪被害実態調査では、今までの調査の中で最も低い被害率であった。(5年以内被害率 2000年:0.7%→2004年:0.7%→2008年:0.9%→2012年:0.9%→2019年:0.2% )

そして、被害を警察に届け出た割合は約85.7%であった。しかし、残りは調査回答者本人だけでなく家族にも被害に遭ったかのかを含めて質問しているためか無回答であり、かつ保険会社へ盗難に対する補償を申請する為、警察に届け出なければならず、暗数になりにくいため、通常は殆どない。

また、自動車盗難で検挙された者の年齢層は、20代が914人中204人と約22.3%を占めていたが、10万人当たりの検挙人員では、14-19歳の未成年が約2.6人と他の年齢層よりも高い[5]

関連資料[編集]

自動車盗難事故実態調査[編集]

日本損害保険協会は、自動車にまつわる盗難の保険事故をまとめたデータを公開している。2018年の自動車盗難件数は全国で8,628件で、最も盗難件数が多い都道府県は茨城県の1,491件となっている(2018 警察庁犯罪統計資料)。

2003年[編集]

車両盗難については、第1位はランドクルーザー、第2位はクラウン、第3位はハイエース、第4位はセルシオ、第5位はマークIIとなった。部品などの一部盗難については、第1位はオーディオ、第2位はカーナビ、第3位は金銭やカード、第4位はバッグ類、第5位はタイヤホイールとなった[7]

2004年[編集]

車両盗難については、第1位はランドクルーザー、第2位はマークII、第3位はクラウン、第4位はRAV4、第5位はハリアーとなった。部品などの一部盗難については、第1位はカーナビ、第2位はオーディオ、第3位はバッグ類、第4位は金銭やカード、第5位は外装部品となった[8]

2005年[編集]

車両盗難については、第1位はランドクルーザー、第2位はハリアー、第3位はマークII、第4位はクラウン、第5位はRAV4となった。部品などの一部盗難については、第1位はカーナビ、第2位はオーディオ、第3位はバッグ類、第4位は外装部品、第5位は金銭やカードとなった[9]

2006年[編集]

車両盗難については、第1位はランドクルーザー、第2位はマークII(マークX)、第3位はハリアー、第4位はRAV4、第5位はハイエースとなった。部品などの一部盗難については、第1位はカーナビ、第2位は外装部品、第3位はバッグ類、第4位は金銭やカード、第5位はオーディオとなった[10]

2007年[編集]

車両盗難については、第1位はハイエース、第2位はハリアー、第3位はワゴンR、第4位はマークX、第5位はランドクルーザーとなった。部品などの一部盗難については、第1位はカーナビ、第2位はバッグ類、第3位は金銭やカード、第4位は外装部品、第5位はCDやDVD、MDとなった[11]

2008年[編集]

車両盗難については、第1位はハイエース、第2位はワゴンR、第3位はマークX、第4位はランドクルーザー、第5位はセルシオとなった。部品などの一部盗難については、第1位はカーナビ、第2位は外装部品、第3位はバッグ類、第4位はタイヤやホイール、第5位は金銭やカードとなった[12]

脚注[編集]

  1. ^ 警察白書(令和元年)
  2. ^ 自動車盗・車上ねらいの発生状況 - 神奈川県警
  3. ^ 法務省 (2019-11) (Excel). 令和元年版犯罪白書 第2編 平成における犯罪・少年非行の動向 第1章 犯罪の動向 第1節 刑法犯 2 主な刑法犯 (1)窃盗 2-1-1-12図 窃盗 認知件数の推移(態様別,手口別) (Report). http://hakusyo1.moj.go.jp/jp/66/nfm/n66_2_2_1_1_2.html#h2-1-1-12 2020年3月21日閲覧。. 
  4. ^ 警察庁捜査支援分析管理官 (2020-02-10) (PDF,Excel). 平成31年1月~令和元年12月犯罪統計【確定値】 第2表 窃盗 手口別 認知・検挙件数・検挙人員 対前年比較 (Report). pp. 10. https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&layout=datalist&toukei=00130001&tstat=000001137147&cycle=0&year=20190&month=0 2020年3月21日閲覧。. 
  5. ^ a b c 警察庁 (2019-08) (PDF). 平成30年の刑法犯に関する統計資料 第2 罪種・手口別の認知・検挙状況 2 重要窃盗犯 (2) 自動車盗 (Report). pp. 36-38. https://www.npa.go.jp/news/release/2019/20190816001.html 2020年3月12日閲覧。. 
  6. ^ 法務省 (2019-11) (Excel). 令和元年版犯罪白書 第6編 平成における犯罪被害者 第1章 犯罪被害 第2節 犯罪被害についての実態調査 2 31年調査の結果 (Report). http://hakusyo1.moj.go.jp/jp/66/nfm/n66_2_6_1_2_2.html 2020年3月21日閲覧。. 
  7. ^ 日本損害保険協会 2003年度 自動車盗難事故実態調査より
  8. ^ 日本損害保険協会 2004年度 自動車盗難事故実態調査より
  9. ^ 日本損害保険協会 2005年度 自動車盗難事故実態調査より
  10. ^ 日本損害保険協会 2006年度 自動車盗難事故実態調査より
  11. ^ 日本損害保険協会 2007年度 自動車盗難事故実態調査より
  12. ^ 日本損害保険協会 2008年度 自動車盗難事故実態調査より

関連項目[編集]

外部リンク[編集]