聖徳大学附属取手聖徳女子中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
聖徳大学附属取手聖徳女子中学校・高等学校
Seitoku University, Toride seitoku high school.jpg
過去の名称 聖徳学園短期大学附属聖徳中学校・高等学校
聖徳大学附属聖徳中学校・高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人東京聖徳学園
理念 「和」
校訓 礼節・勤労・知育
設立年月日 1983年
共学・別学 男女別学(女子校)
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
音楽科
学期 3学期制
所在地 300-1544
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

聖徳大学附属取手聖徳女子中学校・高等学校(せいとくだいがくふぞくとりでせいとくじょしちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、茨城県取手市山王に位置する女子のみの私立中学校・高等学校。聖徳大学附属学校である。通称は「取手聖徳(とりでせいとく)」。

沿革[編集]

(この間の沿革は学校法人東京聖徳学園#沿革の項を参照)

  • 1982年 - 学園創立50周年記念事業として茨城県北相馬郡藤代町(現在の取手市)山王に高等学校と中学校の設置を決定。校舎建設。
  • 1983年 - 聖徳学園短期大学附属聖徳高等学校(普通科・音楽科)が開校。
  • 1984年 - 聖徳学園短期大学附属聖徳中学校が開校。
  • 1986年 - 普通科に英語コース、体育コースを新設。
  • 1988年 - 普通科の英語コース、体育コースが英語科、体育科として認可される。生徒寮「聖徳学園和弘寮」完成。
  • 1990年 - 聖徳大学開学にともない聖徳大学附属聖徳中学校・高等学校に改称。
  • 1997年 - 制服が改定される(森英恵によるデザイン。先代の制服も森英恵デザイン)。中学校に音楽コース、高等学校普通科に特別進学コースを新設。
  • 2000年 - 英語科の募集を停止。
  • 2002年 - 高大連携授業開始。
  • 2005年 - 高等学校普通科に児童保育コースを新設。
  • 2010年 - 聖徳大学附属取手聖徳女子中学校・高等学校に改称。高等学校体育科の募集を停止。高等学校普通科を、特別進学コース(1~3年次)、総合進学コース(1年次のみ、2年次より進学コース・児童保育進学コース・スポーツアドバンスコース)に改編。新たな女子教育プログラム「女性キャリア」講座をスタート、この分野では全国初となる「教育課程特例校」として文部科学大臣より指定を受ける。
  • 2018年 - 制服が改定される(渡辺弘二によるデザイン)。

教育組織[編集]

次の教育組織がある。

  • 普通科
    • 特別進学コース(国公立・難関私大に進学)
    • 総合進学コース(2年次より以下3コースに分かれる)
    • 進学コース(聖徳大学・聖徳大学短期大学部または他私立大学に進学)
    • 児童保育進学コース(将来の保育士・幼稚園教諭志望者で聖徳大学児童学部・聖徳大学短期大学部保育科のいずれかに進学)
    • スポーツアドバンスコース(前身は体育科。学校体育教員や社会体育のリーダーをめざす。以下の6つの専攻がある)

中学校には

  • 特別進学コース(2年次より)
  • 進学コース
  • 音楽コース

がある。

特色ある教育[編集]

  • 女性キャリア

文部科学大臣より教育課程特例校に指定され、2010年4月から特別な教育課程「女性キャリア」としてスタート。男女共同参画社会進展を謳いながらも、日本独特の社会意識(「女の子だからこれぐらいでいい」など)の中で、自分自身も周りも気がつかないうちに制限されてしまいがち(共学校では特に顕著)な女子の可能性の前に立ちはだかる一切の壁を取り払うことを目的に設置。取手聖徳が掲げる2つの約束「学力伸長」「女子教育」の柱の一つ。学力を大きく伸ばすことにより、選択肢は広がっていくが、その中から正しい選択肢を選ぶための力をつけていくことが目標。プログラム内容は、すべて女性キャリア委員会の教員によるオリジナル。

  • 礼法

高等学校・中学校の全学年、全学科、全コースで小笠原流礼法を週1回、1時間の必修の授業として取り入れている。卒業時には履歴書に資格・特技として記載できる許状として中学校では「小笠原流礼法若紫の傳(でん)」、高等学校では「小笠原流礼法花鬘(かづら)の傳」、さらに上級の試験に合格すると「小笠原流礼法花鬘の正傳」が授与される。

  • シリーズコンサート

礼法教育と同様に必修である。全生徒が原則として1年に3回ほど聖徳大学の敷地内にある川並記念講堂に赴く。 ここではオーケストラ合唱団の鑑賞や映画鑑賞会などが行われる。今までに、ウィーン少年合唱団などもここでコンサートを行っている。 希望を出せば、指定されたコンサート以外にも行くことができる。

交通[編集]

  • スクールバス 21市町村・10鉄道駅・113乗降所を結ぶ全10路線を専用車両で運行。現在のスクールバス運行管理会社は、株式会社十和観光。以下は運行路線と主な乗降所。
    • 【取手駅線】取手駅東口(途中乗降所なしの直通路線)
    • 【つくば東線】自由ヶ丘団地・茎崎中学校・若葉入口・筑波学園病院・環境研究所・竹園二丁目・新治支所・常名清水
    • 【つくば中央線】勘兵衛新田・みどりの駅・西横場・松代南・二の宮・小野崎南・吾妻二丁目西・大穂庁舎・旧筑波庁舎
    • 【つくば西線】みらい平・島名・豊里・上郷・長峰橋・石下駅入口・石下西中北・東蕗田・菅ノ谷十字路
    • 【境線】豊体・御所ヶ丘・久保ヶ丘・絹の台・きぬの里・菅生・辺田郵便局・原口・弓田・沓掛・半谷北・生子・坂花町
    • 【野田線】みずき野・戸頭団地入口・布施・市立柏病院入口・北花崎・小青田・灰毛・梅郷駅・清水・川間局入口
    • 【成田線】青山台二丁目・団地中央・湖北駅入口・木下取水場・竜角寺台入口・美郷台・成田駅西口
    • 【新利根線】藤代駅南口・とねっこ公園・龍ケ崎市役所・城ノ内三丁目・半田・角崎坂下・柴崎・桑山・小松川
    • 【阿見線】藤代駅南口・若柴公園・藤が丘一丁目・奥野中央・阿見町役場前・東京医大前・ガーデンシティ入口・美浦トレセン前
    • 【常総線】美園三丁目・けやき台中入口・守谷駅西口・水海道駅・水海道中入口・元三大師・豊岡北・水海道西中

路線バスは、関東鉄道バス「山王局」停留所が最寄り(学校まで徒歩15分)で、取手駅西口・守谷駅東口から出ている。

系列校[編集]

聖徳大学附属女子中学校・高等学校(千葉県松戸市秋山) - 学園創立50周年記念事業として本校とともに開校した。教職員、生徒はこの学校のことを所在地から「秋山」と呼んでいる。

著名な出身者[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]