管野暢昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
かんの のぶあき
管野 暢昭
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 北海道浦河町
生年月日 (1959-05-08) 1959年5月8日(60歳)
血液型 A
最終学歴 北海道教育大学卒業
勤務局 北海道放送(HBC)
職歴 HBCアナウンサー
HBCテレビ本部報道局スポーツ部シニアマネージャー
ほか
活動期間 1984年? - 2009年2013年 -
ジャンル スポーツ
公式サイト HBCサイト内プロフィール
出演番組・活動
出演中 プロ野球中継
週刊 コンサ・マニア!!
出演経歴 各種スポーツ中継
スポーツギア
スポーツどーむ北海道
HBCスポーツゾーン『ファイト!!』
ベストテンほっかいどう
パック2
備考
名前が「菅野暢昭」「草野暢昭」、出身校が「北海道経済大学」、出身地が「岩手」と誤記される場合あり。

管野 暢昭(かんの のぶあき、1959年5月8日 - [注 1])は、日本アナウンサーテレビプロデューサー北海道生まれ・同浦河町出身[注 2]血液型A型[5]北海道放送(HBC)に在職。

一部資料では名前が「菅野暢昭」「草野暢昭」と誤記されている[注 3]


来歴・人物[編集]

北海道教育大学卒業[1][5][注 4]1984年にHBC入社[4][9]。入社2年目からの4年間は北見放送局に在籍[10]1989年、札幌本社へ異動。

同年よりスポーツアナとしての活動を開始[4]し、2005年3月までの間、報道局スポーツ部アナウンサーとして在職(その間、HBC報道局スポーツ部副部長も務める[5])。2005年4月1日付でアナウンス部との兼任となる[11]

スポーツアナとしては冬季五輪の取材[4]やプロサッカーJリーグコンサドーレ札幌の道内開幕戦[4]などを担当。2004年からは、東京都より本拠地移転したプロ野球球団・北海道日本ハムファイターズの実況中継担当アナウンサーとなり、同年4月2日に行われた初の本拠地主催公式試合ではラジオ実況を担当した[12]2008年9月6日には、民放テレビ局(CATV等以外)としては初のソフトボール中継となる[13][14]ソフトボール女子1部リーグルネサス高崎シオノギ製薬戦(開催:石狩市スポーツ広場ソフトボール専用球場)[13]の実況を担当した[13]。スポーツ記者として2006年のトリノ五輪取材を担当しラジオ番組のリポートも務めた[15]

2009年7月1日付でアナウンサー部兼スポーツ部から再びスポーツ部専任となり[16]、アナウンス職から離れた[16]。アナウンス職から離れた後は、スポーツ番組の制作職を務める。また、HBCテレビ本部報道局スポーツ部シニアマネージャーを務めていた[4]

2013年6月1日付でアナウンス部に再異動・アナウンス職へ復帰した[17]。同年には、日本ハム戦中継のリポーターも担当[18]2014年より、日本ハム戦中継の実況陣に正式復帰[19]2017年頃までは局公式サイト内で日本ハム戦中継担当アナウンサーとして紹介されていた[注 5]

担当番組[編集]

出演[編集]

制作[編集]

  • スキージャンプ競技実況中継
    • HBCカップジャンプ(テレビ。TBS系列全国ネット)
      • 2012HBCカップジャンプ(2012年1月9日) - プロデューサー[36]
      • 2013HBCカップジャンプ(2013年1月14日) - プロデューサー[37]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 参考(生誕時期):
    • 生年月日…[1]
      • 生年のみ…[2]
      • 月日のみ…[3]
  2. ^ 参考(出身地):
    • 「北海道生まれ」と明記…[4]
    • 浦河町出身である旨が明記…[5]
    • 一部資料では、出身地が「岩手」[6]と誤記。
  3. ^ 参考(人名の誤記):
    • 「菅野暢昭」…[7][8]
    • 「草野暢昭」…[6]
  4. ^ 一部資料では、出身校が「北海道経済大学」[6]と誤記。
  5. ^ HBC公式サイト内プロフィールも、2014年頃より担当ラジオ番組として「ファイターズ中継」と記載[20]。2017年途中頃までは記載されていた[21]が、シーズン中には削除されている[22]。『12球団全選手カラー百科名鑑』(2014年 - 2017年)内のプロ野球担当アナウンサー名簿には、明記されなかった。
  6. ^ 次の資料では、「スポーツギア」[5]と記載。

出典[編集]

  1. ^ a b 『12球団全選手カラー百科名鑑2005』P241に掲載された、北海道放送のプロ野球担当アナウンサーリスト。
  2. ^ 生年は、『北海道日本ハムファイターズオフィシャルガイドブック2013』P81のプロフィールに掲載。
  3. ^ 誕生月日は、HBCウェブサイト内のプロフィールに掲載。
  4. ^ a b c d e f 『北海道日本ハムファイターズオフィシャルガイドブック2013』の取材記事内プロフィール(P81掲載)。
  5. ^ a b c d e f g h 2001年当時、HBCウェブサイト内に掲載された管野のプロフィール - インターネットアーカイブ2001年12月27日付保存キャッシュより。
  6. ^ a b c 『12球団全選手カラー百科名鑑2004』P241に掲載された、北海道放送のプロ野球担当アナウンサーリスト。
  7. ^ a b 『ザ・テレビ欄II 1991-2005』P60に掲載された、1994年10月11日付東京地区発行新聞掲載の「TBSテレビ」番組表より、夜7:00(19:00)からの番組『アジア大会'94 ▽サッカー・男子準々決勝 「日本×韓国」』を参照。「リポーター・菅野暢昭」の表記あり。
  8. ^ 『プロ野球選手カラー名鑑2007』P219掲載の「北海道放送」アナウンサー名簿
  9. ^ HBC公式サイト内ブログ『アナウンサー日記』より、2013年7月19日付記事「写真」(文:管野暢昭)を参照。
  10. ^ 北見放送局に在籍していたことは、『北海道日本ハムファイターズオフィシャルガイドブック2013』P81のプロフィールに明記(在職期間については明記されず)。
  11. ^ ▼2005年5月3日「『10年、ひと昔』と言うけれど・・・」(管野 暢昭) ※インターネットアーカイブ2013年7月2日付保存キャッシュ
  12. ^ 『北海道日本ハムファイターズオフィシャルガイドブック2013』の取材記事(P81-82)。
  13. ^ a b c d e 2008年のHBC公式サイト内プレスリリースバックナンバー一覧より、同年9月2日付記事『金メダリスト上野(由)ほか 五輪後初試合!! ソフトボール女子1部リーグ ルネサス高崎戦 民放初! HBCテレビで緊急中継決定!!』を参照。
  14. ^ 『日刊合同通信』2008年9月3日(水) 第53巻 第12953号では、「金メダルの上野選手ら五輪後初試合 HBC、民放初ソフトボール中継6日」との見出しで掲載。参考リンク:『日刊合同通信』サイト内2008年9月分の記事一覧
  15. ^ 『一筆啓上』2006年1月22日付 - HBCラジオ番組『中村美彦の一筆啓上』公式サイト内コラム。同番組でのリポートの告知あり。
  16. ^ a b ▼2009年7月1日(水) 「ご愛読ありがとうございました。」(管野 暢昭) ※インターネットアーカイブ2011年12月8日付保存キャッシュ
  17. ^ HBC公式サイト内ブログ『アナウンサー日記』より、2013年6月26日付記事「前科一犯」(文:管野暢昭)を参照。
  18. ^ 2013年7月当時のHBCラジオ日本ハム戦中継公式サイト(インターネット・アーカイブ2013年7月7日付保存キャッシュ)より、同5日の対オリックス戦中継リポーターとして管野の名が明記。
  19. ^ a b c d HBCラジオ2014年春の改編のおしらせ(インターネット・アーカイブ2014年6月24日付保存キャッシュ) ※一部バナーは現存しないため、当該時期とは異なるものに差し替えられている。
  20. ^ 2014年10月当時のHBC公式サイト内プロフィール(インターネットアーカイブ同15日付保存キャッシュ)
  21. ^ 2017年1月当時のHBC公式サイト内プロフィール(インターネットアーカイブ同17日付保存キャッシュ)
  22. ^ 2017年6月当時のHBC公式サイト内プロフィール(インターネットアーカイブ同10日付保存キャッシュ)
  23. ^ HBCラジオ・ビジネス・ネットワーク 1月放送分 - 札幌弁護士会 2015年1月25日配信
  24. ^ 2002年当時、HBCウェブサイト内に掲載された管野のプロフィール - インターネットアーカイブ2002年2月20日付保存キャッシュより。
  25. ^ HBC公式サイト内ブログ『アナウンサー日記』より、2013年9月29日付記事「ファイト!!」(文:管野暢昭)または、2013年10月31日付記事「ファイト!」(文:佐藤彩)を参照。
  26. ^ HBC公式サイト内ブログ『アナウンサー日記』より、2014年4月8日付記事「新番組」(文:管野暢昭)を参照。
  27. ^ HBCラジオ2015年春の改編のおしらせ(インターネット・アーカイブ2015年6月17日付保存キャッシュ) ※一部バナーは現存しないため、当該時期とは異なるものに差し替えられている。
  28. ^ 『ラジオ番組表』2015年春号(『三才ムック』Vol.793。2015年5月1日、三才ブックス発行)に掲載されたAM改編NEWSより、HBCラジオの情報を参照。
  29. ^ TBS「FISワールドカップジャンプ2006 札幌大会」 - 2006年1月22日の中継情報ページ。
  30. ^ BS-TBS 第50回雪印杯全日本ジャンプ大会 - 2009年1月4日の中継(BS-TBS)情報ページ。
  31. ^ 『TBS50年史』DVD-ROM『ハイブリッド検索編』のテレビ番組データベースより、「ジャンル別リスト」→「スポーツ」→『〔ジャンプ〕 第38回HBCカップ 国際ジャンプ大会~ラージヒル~ 兼’96インターコンチネンタルカップ ジャンプ大会』(『』内は原資料よりコピペ・引用。放送日時…1996年3月9日、14:00 - 14:54)等を参照。
  32. ^ 『12球団全選手カラー百科名鑑』シリーズでは、2004年版から2010年版までHBCのプロ野球担当アナウンサー名簿に明記(2004年のみ「草野暢昭」と誤記)。
  33. ^ 参考:『東奥日報』2003年5月5日付・8月18日付朝刊ラテ欄に掲載の「HBCラジオ」番組表。5月5日の対西武戦、8月18日の対近鉄戦でそれぞれ実況として明記。
  34. ^ BS-TBS サン・クロレラ クラシック - 2008年7月31日・8月1日 - 3日の中継(BS-TBS)情報ページ。
  35. ^ TBS「サン・クロレラ クラシック(仮)」 - 2008年8月2・3日の中継情報ページ。
  36. ^ 2012HBCカップジャンプ | TBSテレビ
  37. ^ 2013 HBCカップジャンプ | TBSテレビ

参考資料[編集]

  • テレビ欄研究会編・著『ザ・テレビ欄II 1991-2005』(奥付では『ザ・テレビ欄II 1991〜2005』表記。2009年6月30日、TOブックス発行) ISBN 9784904376089 ※1991年から2005年の間に発行された『スポーツ報知』『スポーツニッポン』『読売新聞』各紙東京本社版テレビ欄の一部を掲載(奥付に「協力:株式会社報知新聞社 株式会社スポーツニッポン新聞社 株式会社読売新聞」のクレジットあり)。
  • 『TBS50年史』(2002年1月、東京放送編・発行)…国立国会図書館サーチの書誌情報
    • DVD-ROM『ハイブリッド検索編』(Windows対応)
      • テレビ番組データベース
  • 『12球団全選手カラー百科名鑑』シリーズ
    • 『12球団全選手カラー百科名鑑2004』(『ホームラン』2004年3月号増刊。2004年3月31日、日本スポーツ出版社発行)
    • 『12球団全選手カラー百科名鑑2005』(『ホームラン』2005年3月号増刊。2005年3月31日、日本スポーツ出版社発行)
    • 『12球団全選手カラー百科名鑑2006』(『ホームラン』2006年3月号増刊。2006年3月31日、日本スポーツ出版社発行)
    • 『12球団全選手カラー百科名鑑2007』(『ホームラン』2007年3月号増刊。2007年3月26日、日本スポーツ出版社発行)
    • 『12球団全選手カラー百科名鑑2008』(『ネットマネー』2008年3月号増刊。2008年3月31日、廣済堂出版発行)
    • 『12球団全選手カラー百科名鑑2009』(『ホームラン』2009年3月号増刊。2009年3月1日、廣済堂あかつき発行)
    • 『12球団全選手カラー百科名鑑2010』(『廣済堂ベストムック』151号。2010年2月17日発売、廣済堂あかつき)ISBN 4331801543
    • 『12球団全選手カラー百科名鑑2014』(『廣済堂ベストムック』247号。2014年2月21日発売・発行、廣済堂出版) ISBN 978-4331802533
    • 『12球団全選手カラー百科名鑑2015』(『廣済堂ベストムック』286号。2015年2月20日発売・発行、廣済堂出版) ISBN 978-4331802939
    • 『12球団全選手カラー百科名鑑2016』(『廣済堂ベストムック』320号。2016年2月20日発売・発行、廣済堂出版) ISBN 978-4331803257
    • 『12球団全選手カラー百科名鑑2017』(『廣済堂ベストムック』350号。2017年2月20日発売・発行、廣済堂出版) ISBN 978-4331803554
  • 『プロ野球選手カラー名鑑2007』(2007年4月6日、日刊スポーツ出版社発行) ISBN 9784817253262
  • 『北海道日本ハムファイターズオフィシャルガイドブック2013』(2013年、北海道日本ハムファイターズ発行・北海道新聞社発売) ISBN 4894536854
  • 各種外部リンク

関連項目[編集]

外部リンク[編集]