筆下ろし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

筆下ろし(ふでおろし)とは、新品のを使用可能な状態に調整すること。新品状態の筆は、(毛の部分)がばらばらにならないようにで固められており、直ちにを含ませ使用することができないので、この準備作業が必要となる。

小さな筆では、先端部分(4分の1から半分ぐらい)をほぐし、大き目の筆では、中間過ぎ位(筆の穂首の3分の2程度)までほぐして、糊を洗い・乾燥の後、墨を付け試し書きして調整完了となる。小さめの筆では、全てほぐしてしまうと、コシがなくなり使えなくなってしまうので、注意する必要がある。

上記の由来から転じ、陰茎を筆に見立てて、童貞男性が初めて女性とセックスをする(初体験を行う)ことを「筆下ろし」という[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 新年になって初めてセックスを行うことをさす隠語は「秘め始め」であり、これを「筆下ろし」というのは誤りである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]