出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

(じく)

  • 車の輪と車体を連結する材のこと(元々の意味。ゆえにくるまへんに由と書く)。→車軸
  • 機械)回転するものの回転の中心の役を果たす部品。→軸 (機械要素)
  • (比喩的)何かの中心となり、そのまわりで(いろいろなものが)回るもの。→(かなめ)、中軸
  • 何かを巻く時に中心にする丸い棒のこと。巻物の中心にある棒。→芯棒丸棒
  • 掛軸のこと。その略称や、掛軸や巻物を数える際の助数詞。→掛軸巻物
  • 巻物(文書)の軸に近いあたり。つまり、文書の末尾のあたりのこと。→巻軸巻末
  • (数学用語) 回転などの中心。(何らかの機能を持つ)直線など。→ 回転軸対称軸座標軸など
  • 光軸の略称。→光軸
  • 地軸の略称。→地軸
  • 筆・ペンなどの手に持つ部分。→ペンなどの記事で手に持っている写真を確認のこと。
  • 植物の茎の俗称。→

関連項目[編集]