第5SS装甲師団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第5SS装甲師団
5th SS Division Logo.svg
第5SS装甲師団 ヴィーキングの師団章
創設 1940年12月1日
廃止 1945年5月8日
所属政体 ナチス・ドイツ
所属組織 武装親衛隊
部隊編制単位 師団
兵種/任務/特性 装甲
所在地 ドイツ-ロストフ・ナ・ドヌ-グルジア-ハリコフ-チェルカースィ-ワルシャワ-エステルゴム-ウィーン
愛称 ヴィーキング
主な戦歴 第二次世界大戦
(バルバロッサ作戦)
(第三次ハリコフ攻防戦)
(クルスクの戦い)
(コルスン包囲戦)
(ワルシャワ蜂起)
(春の目覚め作戦)
テンプレートを表示
1942年III号戦車を伴った第5SS装甲師団
Sd Kfz 232とヴィーキングの師団員

第5SS装甲師団 ヴィーキング(だいごSSそうこうしだん―、独:5. SS-Panzer-Division „Wiking“)は、武装親衛隊の38個ある師団のひとつ。

武装親衛隊初期から存在する古参部隊。構成隊員にドイツ系外国人・フィンランド義勇兵などが含まれ、後の武装親衛隊外国人部隊の萌芽となった。

一貫して東部戦線にあり、歩兵旅団としてバルバロッサ作戦自動車化師団として、ブラウ作戦ではロストフ・ナ・ドヌカフカスで戦う。戦車師団に昇格しクルスクの戦いに投入されたほか、戦争末期には第3SS装甲師団と第4SS装甲軍団を構成して、ポーランドハンガリーで、ソ連軍を相手に防衛戦を展開した。その後チェコオーストリアへ退却し、1945年4月に降伏した。

赤軍の評価

「前面の敵が、ヴィーキング師団から国防軍師団に交代したのを知って、我々はほっとした」

師団長[編集]