第18SS義勇装甲擲弾兵師団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第18SS義勇装甲擲弾兵師団の師団章

SS第18義勇機甲擲弾兵師団 ホルスト・ヴェッセル(18. SS-Freiwilligen-Panzergrenadier-Division „Horst Wessel“)は、武装親衛隊の38個師団のうちのひとつであり、徴募されたドイツ系ハンガリー人を主力としていた。フランス人志願兵なども将兵に含まれていた。師団名はナチ党の党歌『旗を高く掲げよ』(ホルスト・ヴェッセル・リート)の作詞者ホルスト・ヴェッセルに由来する。

戦歴[編集]

1941年
  • 4月:SS第1歩兵旅団編成。専らパルチザン掃討戦に従事
1944年
  • 1月25日:クロアチアで旅団をSS機甲擲弾兵師団への改編命令。1万の補充はドイツ系ハンガリー人を強制徴用
  • 1月30日:SS第18義勇機甲擲弾兵師団ホルスト・ヴェッセルとヒトラー自身により命名
  • 6月22日:中央軍集団前線崩壊により師団は約3000名のシェーファー戦闘団をドニエストル川陣地へ急派
  • 9月2日:スロバキアの武装蜂起鎮圧のためシェーファー戦闘団に緊急出動命令。ローゼンベルク付近でパルチザンと交戦
  • 11月2日:ハンガリーへ急派、ツァギファ河畔陣地へ投入されるも、三度にわたり陣地を放棄、武器を捨てて敗走したため戦線から引き揚げ
1945年
  • 1月5日:再編成に入るが、ラティボア方面のオーデル橋頭堡から出撃するソ連軍に防衛戦を展開師団は空軍、国民突撃隊、海軍から兵員を補充したため士気は向上。2月13日のソ連軍攻勢を撃退
  • 4月初め:第17軍予備となり、チェコのオーバージーベンアイヒェン付近に投入
  • 5月7日:ライヒェンベルクまで後退。少人数グループに分かれてエルベを目指すが多くがチェコ・パルチザンに捕らえられ、処刑される

師団長[編集]

隷下部隊[編集]

  • SS第39戦車擲弾兵連隊
  • SS第40戦車擲弾兵連隊
  • SS第18戦車大隊
  • SS第18装甲砲兵連隊
  • SS第18装甲捜索大隊
  • SS第18装甲猟兵大隊
  • その他各種大隊

著名な隊員[編集]