第31SS義勇擲弾兵師団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第31SS義勇擲弾兵師団
31divss.gif
第31SS義勇擲弾兵師団の師団章
創設 1944年
廃止 1945年
国籍 ナチス・ドイツ
所属 武装親衛隊
規模 師団
兵種 擲弾兵
人員
所在地
上級部隊
愛称
モットー
主な戦歴 第二次世界大戦

第31SS義勇擲弾兵師団31. SS-Freiwilligen-Grenadier-Division)は武装親衛隊師団である。

1944年9月ドイツ人ハンガリー系の民族ドイツ人編制を開始した。11月までに師団はオーストリアへ移動し、45年式師団編成[1]で編制を完結した上で1945年1月よりハンガリー戦線で作戦に従事した。

その後シレジアまで後退し第17軍に所属したが、ソビエト赤軍に包囲されたため、1945年5月ケーニヒグレーツで降伏した。[2]

師団長[編集]

着任 離任 階級(当時) 氏名
1944年10月1日 1945年4月 親衛隊少将 グスタフ・ロンバルト
Gustav Lombard
1945年4月 1945年5月8日 親衛隊少将 ウィルヘルム・トラバント
en:Wilhelm Trabandt

脚注[編集]

  1. ^ 兵力不足のため、従来より規模が縮小されたもので、師団は2個連隊で編制され、1個連隊は2個大隊、1個大隊は2個中隊、1個中隊は3個小隊という編成。German Order of Battle, Volume 3 By Samuel W. Jr Mitcham p.188
  2. ^ German Order of Battle, Volume 3 By Samuel W. Jr Mitcham p.188