第33SS武装騎兵師団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第33SS武装騎兵師団
創設 1944年12月
廃止 1945年1月
国籍 ナチス・ドイツ
所属 武装親衛隊
規模 師団
兵種 騎兵
人員
所在地
上級部隊
愛称
モットー
主な戦歴 第二次世界大戦

第33SS武装騎兵師団 (ハンガリー第3)33. Waffen-Kavallerie-Division der SS (ungarische Nr. 3))は、武装親衛隊師団である。

ブダペスト近辺で第26SS武装擲弾兵師団 (ハンガリー第2)が撃破された翌月、第26SS武装擲弾兵師団の残存部隊を吸収したが、結局、師団の戦力は1個連隊規模を越えることがなかった.[1]

実際の戦力が師団とは到底言えないほどわずかなものだったこと、33の師団番号が第33SS武装擲弾兵師団 シャルルマーニュ(フランス第1)に再利用されている[1]ことなどから、この師団が名前だけの存在であったという説も存在する[2]

師団長[編集]

着任 離任 階級(当時) 氏名
1944年12月27日 1945年1月23日 親衛隊上級大佐 ラースロー・デアク
 (László Deák

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b German Order of Battle, Volume 3 By Samuel W. Jr Mitcham, p.189
  2. ^ Waffen-SS edited by Ray Merriam. p.19