第16SS装甲擲弾兵師団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第16SS装甲擲弾兵師団
16th SS Division Logo.svg
第16SS装甲擲弾兵師団 ライヒスフューラー・SSの師団章
創設 1943年
廃止 1945年
国籍 ナチス・ドイツ
所属 武装親衛隊
規模 師団
兵種 擲弾兵
人員
所在地
上級部隊
愛称
モットー
主な戦歴 第二次世界大戦

第16SS装甲擲弾兵師団 ライヒスフューラー・SS16. SS-Panzergrenadier-Division „Reichsführer SS“)は武装親衛隊師団である。

1943年11月、師団幹部には民族ドイツ人を採用し、ノルウェー義勇兵を中心として突撃旅団ライヒスフューラー・SSは編成された。師団から編成された戦闘団がアンツィオ連合軍と戦う間、師団の残存部隊はハンガリーの占領に参加していた。

1945年2月、師団全部隊がハンガリーに集まるまで、戦闘団はイタリアで1944年5月以降、戦い続けた。1944年の晩夏、アペニン山脈のゴシック線へ退却する間、師団の一部部隊がサンタンナ・ディ・スタッツェーマ(Sant'Anna di Stazzema)とマルツァボットで市民の虐殺を行っている。

訓練中の第16予備大隊は戦闘団を編成してアルンヘムで再編成を行い、マーケットガーデン作戦に参加した。

師団はオーストリアクラーゲンフルトイギリス軍に降伏した。[1]

師団長[編集]

着任 離任 階級(当時) 氏名
1943年10月3日 1944年10月24日 親衛隊中将 マックス・ジモン
de:Max Simon (SS-Gruppenführer)
1944年10月24日 1945年5月8日 親衛隊上級大佐 オットー・バウム
de:Otto Baum (SS-Mitglied)[2]

脚注[編集]

  1. ^ Marcus Wendel. “Waffen SS units (16th SS Panzergrenadier Division Reichsführer-SS)”. Axis History Factbook. 2007年7月4日閲覧。
  2. ^ axishistory”. 2009年7月20日閲覧。