第19SS武装擲弾兵師団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
第19SS武装擲弾兵師団
19th SS Division Logo.svg
第19SS武装擲弾兵師団 (ラトビア第2)の師団章
創設 1944年1月
廃止 1945年5月
国籍 ナチス・ドイツ
所属 武装親衛隊
規模 師団
兵種 擲弾兵
人員
所在地
上級部隊
愛称
モットー
主な戦歴 第二次世界大戦

第19SS武装擲弾兵師団 (ラトビア第2)19. Waffen-Grenadier-Division der SS (lettische Nr. 2)ラトビア語19. ieroču SS grenadieru divīzija (latviešu Nr. 2))は武装親衛隊師団である。

第15SS武装擲弾兵師団 (ラトビア第1)が編成された後、2つ目のラトビア人師団として1944年1月に編成された。バルト諸国での戦闘、とりわけクールラント・ポケットの戦いで活躍した。

編成[編集]

第2SS歩兵旅団に所属する第46武装擲弾兵連隊(ラトビア第6連隊)を中心に3個連隊が合流して編成され、同時に他の2個連隊番号が39から40、42から43へ変更された。

連隊称号はそれぞれVoldemars Veiss、Hinrich Schuldtとなっている。

師団長[編集]

着任 離任 階級(当時) 氏名
1943年9月5日 1944年3月15日 親衛隊上級大佐 ヒンリヒ・シュルト
en:Hinrich Schuldt
1944年3月15日 1944年4月13日 親衛隊大佐 ヴィルヘルム・ボック
Wilhelm Bock
1944年5月26日 1945年5月 親衛隊上級大佐 ブルーノ・シュトレッケンバッハ
Bruno Streckenbach