第26SS武装擲弾兵師団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第26SS武装擲弾兵師団
26th SS Division Logo.svg
第26SS武装擲弾兵師団 (ハンガリー第2)の師団章
創設 1944年12月27日
廃止 1945年5月
国籍 ナチス・ドイツ
所属 武装親衛隊
規模 師団
兵種 擲弾兵
人員
所在地
上級部隊
愛称
モットー
主な戦歴 第二次世界大戦

第26SS武装擲弾兵師団 (ハンガリー第2) 26. Waffen-Grenadier-Division der SS (ungarische Nr. 2))は、武装親衛隊師団である。

師団はシレジアにある訓練施設で1944年12月27日、編成され、1月初旬、師団はさらなる訓練を行った。師団将兵の大部分がハンガリー人で構成されており、ハンガリー軍、一般市民が参加していた。

師団は戦争末期に編成されており、第25SS武装擲弾兵師団 フニャディ(ハンガリー第1)がすでに編成されていたことからハンガリー第2の称号が付けられた。

師団長[編集]

着任 離任 階級(当時) 氏名
1944年11月 1945年1月 親衛隊大佐 ロルフ・ティーマン
(Rolf Tiemann)
1945年1月 1945年3月 親衛隊少将 ベルトルト・マック
(Berthold Mack)
1945年3月 1945年5月 親衛隊中将 ヨゼフ・グラッシー
Jozef Grassy