立仙順朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

立仙 順朗(りっせん じゅんろう、1940年(昭和15年)5月29日-[1])は、フランス文学者慶應義塾大学名誉教授。専攻は近代フランス文学サルトルブランショの研究を経て、マラルメにおけるポエジーを研究[2]。千葉県船橋市在住。

経歴[編集]

  • 高知県香美郡夜須町出身。
  • 1960年土佐高等学校卒。慶應義塾大学文学部入学。
  • 1964年慶應義塾大学文学部仏文科卒。同大学文学研究科修士課程入学。
  • 1967年慶應義塾大学文学研究科博士課程入学。
  • 1969年フランス政府給費留学生としてグルノーブル大学に留学。指導教官はLéon Cellier教授[3]
  • 1970年Léon Cellier教授の移籍に伴いパリ・ソルボンヌ大学に転校。サン=シュルピス教会付近に居住。
  • 1973年フランスより帰国し、慶應義塾大学文学研究科博士課程に復学。
  • 1974年慶應義塾大学文学研究科博士課程単位取得退学。
  • 1975年慶應義塾大学文学部専任講師。
  • 1977年慶應義塾大学文学部助教授。
  • 1985年慶應義塾大学文学部教授。
  • 1994年「マラルメの文学」により慶應義塾大学博士(文学)。
  • 2006年定年退職し、慶應義塾大学名誉教授。

著書[編集]

  • 『マラルメ:書物と山高帽』水声社,2005年

共著[編集]

翻訳[編集]

  • 『マラルメ詩集』(佐藤朔, 立仙順朗共訳)ほるぷ出版、1983年
  • フランス世紀末文学叢書13『詩華集』(井上輝夫, 小浜俊郎, 田中淳一, 立仙順朗訳)図書刊行会,1985年
  • 『ジャン・コクトー全集』第6巻評論3(共訳)東京創元社,1985年
  • 『マラルメ全集Ⅳ』『書簡Ⅰ』(共訳)筑摩書房,1991年
  • アルベール・ティボーデ『マラルメ論』(田中淳一, 立仙順朗共訳)沖積舎,1991年
  • 『マラルメ全集Ⅲ』『言語、書物、最新流行』(共訳)筑摩書房,1998年
  • 『マラルメ全集Ⅴ』『書簡Ⅱ』(共訳)筑摩書房,2001年

主要著作等[編集]

  • ブランショの批評に関するノート: 言語と体験」(「フランス語フランス文学研究」第11号,1967年)
  • Les Noces d'Hérodiade de Mallarmé (Ⅰ) (「藝文研究」第33号,1974年)
  • 「自己上演する劇」(「三田文学」1974年2月号)
  • Les Noces d'Hérodiade de Mallarmé (Ⅱ) (「藝文研究」第34号,1975年)
  • Naviguer, écrire: Salut de Mallarmé (「フランス語フランス文学研究」第25号,1975年)
  • 「現代作家の内的距離 (「現代文学のフロンティア」を終えて)」(「三田文学」1975年7月号)
  • 「マラルメ――死児アナトールのためのライム集」(「翻訳の世界」1978年6月号)
  • 「ブランショによるマラルメ」(「現代詩手帖」1978年10月号)
  • 「マラルメの『香具師の口上』(散文詩特集)」 (「現代詩手帖」1979年7月号)
  • 「自分自身に変るがごとく――マラルメとヴァレリー(マラルメ<特集>)」(「ユリイカ」1979年11月号)
  • 「晩年のマラルメを読むために――その美学と経済学をめぐって」(「藝文研究」第44号,白井浩司教授記念論文集,1982年)
  • ヴァレリー晩年の恋――未刊詩集『コロニラ』について」(「文學界」1984年11月号)
  • 「ジャン・ヴォワリエ夫人――ヴァレリーのエロス――汝ことごとく他のうちに宿りて…」(「ユリイカ」1985年10月号)
  • パナマ事件とマラルメ銀行」(「ユリイカ」第18巻第10号マラルメ特集,1986年)
  • 「マラルメと挨拶のレトリック」(「藝文研究」第59号,1991年)
  • 「書物と山高帽」(「藝文研究」第63号,松原秀一教授退任記念論文集,1993年)
  • 「挨拶のことば」(「藝文研究」第65号,檜谷昭彦 佐藤一郎 両教授退任記念論文集,1993年)
  • 「マラルメの文学とは―作品の外なる作品」(「藝文研究」第67号,1995年)
  • 「百年前のマラルメ」(「藝文研究」第77号,1999年)

翻訳[編集]

書評[編集]

  • 丸岡明――影のドラマ」(「三田文学」1975年11月号)
  • 「幻想の内と外――丸山健二<火山の歌>(新書解体)」(「文學界」1976年6月号)
  • 「裏切りと愛情――大庭みな子『浦島草』」(「海」1977年7月号)
  • 「幻想の構図――古井由吉『哀原』」(「海」1978年3月号)
  • 「深刻で滑稽な生活風景――古井由吉「夜の香り」」(「海」1979年2月号)

出典[編集]

  1. ^ 藝文研究 Vol.89 (慶應義塾大学藝文学会, 2005.12), P.III
  2. ^ 「文学部専任教員一覧」(慶應義塾大学,2005年)107頁
  3. ^ [1]