福井健策

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

福井 健策(ふくい けんさく、1965年 - )は、日本弁護士ニューヨーク州弁護士[1]熊本県生まれ。

芸術・文化法著作権法を専門分野とし、各ジャンルのクリエイター、プロダクション、劇団、劇場、レコード会社、出版社などをサポートする。骨董通り法律事務所 for the Arts 代表パートナー、日本大学藝術学部客員教授、神戸大学大学院客員教授を兼任するほか、東京藝術大学などの著作権契約に関する科目で教鞭をとる。

2006年平田オリザ中村伊知哉津田大介らと著作権保護期間の延長問題を考える国民会議(後に著作権保護期間の延長問題を考えるフォーラム(thinkC)へ改称)を設立し、世話人となる。また、各審議会・委員会委員や「本の未来基金」・「デジタルアーカイブ学会」など諸団体の理事を務めている。

略歴[編集]

  • 神奈川県立湘南高等学校卒業
  • 1990年 司法試験合格
  • 1991年 東京大学法学部卒業
  • 1993年 第二東京弁護士会弁護士登録
  • 1998年 コロンビア大学法学修士課程修了(Harlan Fiske Stone Scholar 賞、セゾン文化財団スカラシップ)
  • 2003年 “For the Arts”を掲げて、桑野雄一郎と共同で骨董通り法律事務所を開設(現在、同代表パートナー)
  • 2006年 文化庁「次世代ネットワーク社会における著作権制度のあり方に関する調査研究」ほか委員
  • 2009年 日本大学藝術学部 客員教授を兼務。国立国会図書館 納本制度審議会委員
  • 2011年 同オンライン資料の補償に関する小委員会 委員長
  • 2012年 文化庁「電子書籍の流通と利用の円滑化に関する実証実験(文化庁eBooks)」 ワーキンググループ主査、日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアム 理事
  • 2013年 本の未来基金理事、総務省「コンテンツ海外展開のための国際共同製作に係る事業企画」選考委員
  • 2014年 さいとう・たかを劇画文化財団理事
  • 2015年 内閣「知的財産戦略本部」検証・評価・企画委員会委員、国立国会図書館 納本制度審議会 会長代理、米国Best LawyersによるBest Lawyers 2016 "Lawyer of the Year" 受賞
  • 2016年 経済産業省「第四次産業革命に向けた横断的制度研究会」委員、総務省「AIネットワーク社会推進会議」委員、日本動画協会「アニメNEXT100」統括会議アドバイザー
  • 2017年 神戸大学大学院 客員教授を兼務。デジタルアーカイブ学会理事、特定非営利活動法人エンターテインメント・ロイヤーズ・ネットワーク理事

著書[編集]

単著
  • 『著作権とは何か―文化と創造のゆくえ』 集英社新書、2005年、224頁。
  • 『著作権の世紀―変わる「情報の独占制度」』 集英社新書、2010年、236頁。
  • 『ビジネスパーソンのための契約の教科書』 文春新書、2011年、214頁。
  • 『「ネットの自由」 vs. 著作権 ―TPPは、終わりの始まりなのか』 光文社新書、2012年、216頁。
  • 『誰が「知」を独占するのかーデジタルアーカイブ戦争』集英社新書、 2014年、247頁。
  • 『18歳の著作権入門』ちくまプリマー新書、 2015年、208頁。
編著
  • 『エンタテインメントと著作権―初歩から実践まで―』 著作権情報センター (シリーズ編者)
    • 福井健策・二関辰郎著 『ライブイベント・ビジネスの著作権(改訂版)』 2015年、228頁。
    • 内藤篤・升本喜郎著 『映画・ゲームビジネスの著作権(改訂版)』 2015年、328頁。
    • 前田哲男・谷口元著 『音楽ビジネスの著作権(改訂版)』 2016年、309頁。
    • 桑野雄一郎・赤松健著 『出版・マンガビジネスの著作権(改訂版)』 2017年、293頁。
    • 池村聡・杉本誠司・増田雅史著 『インターネットビジネスの著作権とルール』 2014年、272頁。
  • 『新編 エンタテインメントの罠』 すばる舎、2003年、319頁。
共著・対談
  • 『なんでコンテンツにカネを払うのさ?』 阪急コミュニケーションズ、2011年、223頁(岡田斗司夫との対談)。
  • 『現代用語の基礎知識(知的財産権項目)』自由国民社、2013-2018年版。
  • 『AIがつなげる社会-AIネットワーク時代の法・政策』弘文堂、2017年、404頁。ほか
連載
  • アニメ・ビジエンス 「福井健策の著作権と法務とアニメ」(2013年~)
  • CNET Japan 「18歳からの著作権入門」(2014年、全20回)
  • 日経デザイン 「福井弁護士の著作権教室」(2016年~)
  • Internet Watch 「福井弁護士の著作権ここがポイント」(不定期)  ほか
監修
  • 『アーカイブ立国宣言』文化資源戦略会議ほか ポット出版、2014年、272頁。
論考
  • 「米国におけるコピーライト・トロールの活動実態と日本への示唆」(『知財研フォーラム』101号、共同執筆)
  • 「TPPと著作権実務へのインパクト」(『知財研フォーラム』105号(2016年春号)、共同執筆)

インタビュー・出演[編集]

  • NHK Eテレ「視点・論点」 2009年3月、5月、9月、2010年1月、8月、2011年12月、2012年2月、7月、2013年2月、10月、2014年10月、2015年2月、2016年1月25日「"人工知能作家"の時代がやって来る?」、2018年7月25日「海賊版サイトにどう向き合うか」
  • NHKクローズアップ現代 「パロディは文化?」 2013年2月19日放送[2]
  • NHKクローズアップ現代 「追跡!チケット高額転売の舞台裏」 2016年10月12日放送[3]
  • 朝日新聞be 「フロントランナー」 2016年11月12日朝刊[4]
  • Business Lawyers 「フェアユースを待つだけでなく、自分たちにできることを」 2017年12月5日 ほか

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Attorney Directory - Attorney Details: KENSAKU FUKUI”. State of New York, New York Supreme Court, Appellate Division英語版. iapps.courts.state.ny.us (2011年11月17日). 2011年11月17日閲覧。
  2. ^ NHKクローズアップ現代 No.3312 パロディは文化?それとも違法?” (2013年2月19日). 2018年3月14日閲覧。
  3. ^ NHKクローズアップ現代 No.3874 追跡!チケット高額転売の舞台裏” (2016年10月12日). 2018年3月14日閲覧。
  4. ^ 朝日新聞デジタル be on Saturday 2016年11月12日号” (2016年11月12日). 2018年3月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]