石田泰三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
石田 泰三
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県豊前市
生年月日 (1934-06-11) 1934年6月11日(84歳)
身長
体重
170 cm
60 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1954年
初出場 1955年
最終出場 1956年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

石田 泰三(いしだ やすぞう、1934年6月11日 - )は、福岡県豊前市[1]出身の元プロ野球選手内野手)。

経歴[編集]

小倉高校では、1年生の時に控え選手として1951年夏の甲子園に進む。1回戦で芦屋高に全員安打を喫し大敗[2]。3年時にはエースとして1953年春の選抜に出場。御所実の田原康行(阪急ブレーブス)、銚子商の原精次(大映スターズ)に投げ勝ち準決勝に進むが、加藤昌利のいた洲本高に敗退[3]。同年夏の甲子園県予選でも準決勝に進出するが、東筑高仰木彬投手に抑えられ甲子園出場はならなかった。高校同期に遊撃手有町昌昭がいた。

1954年中日ドラゴンズへ入団[1]し、内野手に転向。1955年に一軍に上がり、7月には二塁手として初の先発出場を果たす。翌1956年も二塁手、三塁手として起用されるが、その後は出場機会に恵まれず1957年限りで引退。

退団後は社会人野球河合楽器に所属した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1955 中日 13 13 12 1 1 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 3 1 .083 .083 .083 .167
1956 18 25 25 2 4 0 0 0 4 1 1 0 0 0 0 0 0 5 1 .160 .160 .160 .320
通算:2年 31 38 37 3 5 0 0 0 5 1 1 0 1 0 0 0 0 8 2 .135 .135 .135 .270

背番号[編集]

  • 65 (1954年)
  • 41 (1955年)
  • 24 (1956年 - 1957年)

脚注[編集]

  1. ^ a b プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、42ページ
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  3. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]