加藤昌利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
加藤 昌利
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県洲本市
生年月日 1935年5月10日
没年月日 (1985-05-09) 1985年5月9日(満49歳没)
身長
体重
175 cm
74 kg
選手情報
ポジション 捕手外野手
プロ入り 1954年
初出場 1954年
最終出場 1963年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

加藤 昌利(かとう まさとし、1935年5月10日 - 1985年5月9日)は兵庫県洲本市生まれの元プロ野球選手審判員

来歴・人物[編集]

洲本高校では1953年春の選抜に初出場。四番打者として、エース北口勝啓(のち明電舎)とバッテリーを組み勝ち進む。決勝では片岡宏雄のいた浪華商を完封で降し[1]、淡路島に優勝旗をもたらした。チームは「瀬戸内少年野球団」と渾名される。

1954年に期待されて近鉄パールスに入団。1955年には控え捕手として一軍に定着し、3年目の1956年原勝彦に代わりレギュラー捕手となる。翌年は故障もあって出場機会がなく、1958年外野手に転向。1959年に捕手に復帰し、開幕からレギュラーとして起用され90試合に先発マスクを被る。しかし故障の影響もあって翌1960年から外野手に再転向、1961年には左翼手の定位置を得て87試合に先発出場。1962年には捕手、外野手を兼ねて起用されるが、1963年に出場機会が減少し、同年限りで現役を引退した。

引退の翌年パシフィック・リーグの関西審判部に入局し審判として野球生活を続けていたが病を患い1984年シーズン終了後に休養。1985年5月9日現役のまま逝去した。享年49。

ちなみに1977年にパ・リーグが審判員袖番号を採用しているが彼が死去した年までつけていた番号は6だった(61986年から東利夫がつけている)。また、選手時代のチームメイトには斎田忠利村田康一牧野伸といった後の審判仲間がいた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1954 近鉄 5 4 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 -- 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1955 30 61 56 3 10 0 0 1 13 4 0 0 0 0 5 0 0 12 3 .179 .246 .232 .478
1956 108 287 263 29 53 12 1 4 79 28 1 4 0 1 18 0 5 33 4 .202 .266 .300 .566
1958 62 176 162 24 43 4 0 5 62 10 4 3 3 0 11 0 0 31 0 .265 .312 .383 .695
1959 91 291 269 18 60 13 0 3 82 16 3 2 3 0 19 0 0 43 6 .223 .274 .305 .579
1960 56 109 93 5 17 2 0 1 22 6 5 0 0 1 15 0 0 30 0 .183 .296 .237 .533
1961 125 340 296 23 62 11 1 5 90 29 4 7 1 3 36 0 4 63 5 .209 .304 .304 .608
1962 49 76 70 8 9 1 0 0 10 0 1 0 0 0 6 0 0 16 3 .129 .197 .143 .340
1963 6 7 7 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .143 .143 .143 .286
通算:9年 532 1351 1219 110 255 43 2 19 359 93 18 16 8 5 110 0 9 229 21 .209 .280 .295 .574

背番号[編集]

  • 10 (1954年 - 1963年)

脚注[編集]

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年

関連項目[編集]