有町昌昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
有町 昌昭
Masaaki Arimachi 1955 Scan10013.jpg
1955年撮影
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県京都郡行橋町(現:行橋市
生年月日 (1935-11-13) 1935年11月13日(84歳)
身長
体重
164 cm
63 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1954年
初出場 1954年
最終出場 1955年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

有町 昌昭(ありまち まさあき、1935年11月13日 - )は、福岡県京都郡行橋町(現:行橋市[1]出身の元プロ野球選手

経歴[編集]

小倉高校では1953年第25回選抜高等学校野球大会へ出場し、ベスト4まで進んだ[1]。準決勝は後に優勝校となる加藤昌利がいた洲本高校と対戦し、5対1で敗れた[1]

1954年毎日オリオンズへ入団。2年目の1955年には三塁手で開幕スタメンを獲得し、以降は遊撃手のレギュラーを確保するが、同年の西鉄ライオンズ戦で中西太の打った地を這うようなライナーが有町の左膝を直撃し、その場で一歩も動けず担架で運ばれた[2]。その影響もあり、「オレはあんなの捕る自信がない」と言って同年限りで引退した[3]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1954 毎日 37 102 87 11 21 7 0 0 28 12 0 1 1 3 11 -- 0 10 4 .241 .316 .322 .638
1955 96 225 195 17 39 5 0 1 47 18 0 0 2 1 22 0 5 33 3 .200 .295 .241 .536
通算:2年 133 327 282 28 60 12 0 1 75 30 0 1 3 4 33 0 5 43 7 .213 .302 .266 .568

背番号[編集]

  • 39 (1954年)
  • 9 (1955年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、24ページ
  2. ^ あのころ僕らは若かった 豊田泰光【第31回】3番・サード 中西”. スポーツニッポン (2009年10月5日). 2013年6月7日閲覧。
  3. ^ ニッポン新潮流 怪童・中西太の人材育成”. Voice. 2013年6月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]