真田幸民

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
真田幸民

真田 幸民(さなだ ゆきもと、嘉永3年4月17日1850年5月28日)- 明治36年(1903年9月8日)は、信濃松代藩の第10代(最後)の藩主。

伊予宇和島藩主・伊達宗城の長男。正室は大村純熈の次女・隆子(利宇・真隆院)。継室は伊東祐相の娘・宏子、島津久光の養女(竹内治則の娘)・輯子(おさこ、真浄院)。官位は従二位信濃守。子は真田幸正(長男)、真田幸久(次男)、清棲幸保(三男)、松子(島津忠麿正室)、田鶴子(大村純英正室)、信子(藤堂高紹正室)など。

生涯[編集]

幼名は保麿。先代藩主・真田幸教の養嗣子となる。慶応2年(1866年)3月9日、養父幸教の隠居により、家督を相続した。同年4月25日、従五位下信濃守に叙任した。慶応4年(1868年)1月19日、旧幕府から甲府城代を命じられる。同年1月25日、辞退する。戊辰戦争に際しては、2月頃から新政府側として行動する。同年3月3日、新政府から甲府城代を命じられる。また、北越戦争会津戦争へ出兵し、重要な戦功を挙げた。これにより新政府から賞典禄3万石を加増された。

明治2年(1869年)1月、上洛する。同年6月、版籍奉還により藩知事となった。明治4年(1871年)、廃藩置県で免官となる。

明治5年(1872年)4月、横浜港を出発し、欧米各国を視察した。明治6年1月、帰国した。明治17年(1884年)に子爵、明治24年(1891年)に伯爵となった。明治36年(1903年)9月8日、東京で死去した。享年54。墓所は東京都港区の青山墓地。長野市松代の長国寺

栄典[編集]

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第308号、1884年7月9日。
  2. ^ 『官報』第610号「賞勲叙任」1885年7月14日。


日本の爵位
先代:
陞爵
伯爵
松代真田家初代
1891年 - 1903年
次代:
真田幸正
先代:
叙爵
子爵
(松代)真田家初代
1884年 - 1891年
次代:
陞爵