伊達宗敦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊達宗敦

伊達 宗敦(だて むねあつ、1852年7月14日嘉永5年5月27日[1]) - 1911年明治44年)1月6日[2])は、仙台藩知事(在任中の伊達氏の当主は30世14代伊達宗基のまま)で、13代仙台藩主・伊達慶邦の養嗣子(のち廃嫡)、男爵伊予国宇和島藩主・伊達宗城の次男(五男とも)。正室は広幡基豊の娘、継室は松根三楽の娘。官位は左京大夫、侍従、正四位。

概要[編集]

伊達宗敦の肖像写真

幼名は経丸。慶応4年(1868年)3月、仙台藩主伊達慶邦の養子となった。当初は婿養子となるはずであった。同年、従四位下侍従・左京大夫に叙任する。同年8月、奥羽列藩同盟に組したことから、慶邦とともに新政府から官位を剥奪される。11月、仙台藩の降伏にともない、慶邦とともに東京に護送されて、良源院で謹慎する。12月、慶邦が奥羽列藩同盟の盟主となったために新政府軍から隠居、謹慎を申し付けられたとき、宗敦も廃嫡された。なお、仙台藩伊達家は慶邦の四男・宗基が跡を継いだ。

明治2年(1869年)9月、慶邦ともに謹慎を解かれる。同年、版籍奉還が行われ、宗基は知藩事になったものの、幼少のために政務を執ることができず、11月に宗敦は知藩事の補佐を命じられる。明治3年(1870年)10月、新政府は宗基の代わりに宗敦を新たな知藩事として任命した。宗敦は知藩事として実質的な政務を行ったが、伊達氏当主は宗基のままであり、伊達氏当主歴代には数えない。

明治4年(1871年)の廃藩置県により、藩知事を退任する。同年10月、明治政府からイギリス留学の許可を得る。語学修学を目的に5年間の自費留学を予定していた。明治8年(1875年)2月、帰国した。明治17年(1884年)、終身華族となり、新たに家を興した。明治21年(1888年)には男爵となった。明治23年(1890年)7月、貴族院議員に当選し、4期連続で務める。

明治44年(1911年)に58歳で死去した。伊達男爵家は長男の宗経(直知)が継承した。

栄典[編集]

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『平成新修旧華族家系大成』下巻、57頁。
  2. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』76頁。
  3. ^ 『官報』第1758号「授爵叙任及辞令」1889年5月13日。
  4. ^ 『官報』第5089号「叙任及辞令」1900年6月21日。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史―貴族院・参議院議員名鑑』1990年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻、霞会館、1996年。


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
伊達(宗敦)家初代
1888年 - 1911年
次代:
伊達宗経