百目鬼恭三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
百目鬼 恭三郎
(どうめき きょうざぶろう)
ペンネーム
子不語
誕生 1926年2月8日
日本の旗 北海道小樽市
死没 (1991-03-31) 1991年3月31日(満65歳没)
職業 新聞記者文芸評論家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 文学士東京大学
最終学歴 東京大学文学部卒業
ジャンル 文芸評論
主題 評論・論説
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

百目鬼 恭三郎(どうめき きょうざぶろう、1926年大正15年)2月8日 - 1991年平成3年)3月31日)は日本新聞記者文芸評論家匿名で発表した原稿も多い。

来歴[編集]

北海道小樽市生まれ。旧制新潟高等学校丸谷才一と知り合う。東京大学文学部英文学科を卒業後、補欠社員募集に応じて朝日新聞社に入る。入社当初は宇都宮支局にて刑事事件の記事を書いていた。

入社4年後に東京本社学芸部へ転属。まもなく安西均の後任として詩壇を担当したが、現代詩に疎いため、大学時代の友人である篠田一士にたびたび意見を訊ねていた。

1966年、学芸部長に疎まれて社会部に追放されたが、不本意な部署のため仕事に情熱が持てず、怠け者との評判を立てられ、3年余で調査研究室に追いやられた。ここでは副主査を務め、2年足らずを過ごしたが、主査と意見が合わずにやはり疎まれていた。

再び学芸部に戻った後、社会部時代の友人深代惇郎の尽力で編集委員に任ぜられ、1973年から1975年まで「子不語」名義で朝日新聞に「作家WHO'S WHO」を連載。さらに、1976年から1983年まで『週刊文春』誌上にて「風」名義で書評を連載した。博覧強記と毒舌をもって恐れられ、都留重人山本健吉筒井康隆川上宗薫佐藤愛子など[1]、社の内外に敵を作ることも多かった。

1982年、丸谷才一が『裏声で歌へ君が代』を刊行した際、新聞の一面でこれをとりあげて絶賛したところ、江藤淳から同級生同士の仲間褒めだと厳しく批判された[2]

1984年朝日新聞社を退社。半ば喧嘩のような形での退社[3]であり、1985年には『新聞を疑え』(講談社)の中で朝日新聞社の事大主義的体質を激しく批判した。筒井康隆は連載エッセイ「笑いの理由」の中で百目鬼を「朝日新聞的権威主義」の権化とみなして非難したが、実際のところ百目鬼の立ち位置は朝日新聞社における傍流であり異端だったと言える。

書評コラム活動の他、共立女子短期大学教授も務めた。肝硬変で死去。丸谷才一が弔辞を読んだ。

論争[編集]

川上宗薫・佐藤愛子
「作家WHO'S WHO」にて百目鬼が川上宗薫を「他人への感情が欠落し、自己中心の感覚しかもたず、好色で、小心者のくせに楽天的で、世間に対してタカをくくる癖がある」「純文学作家としてポシャったのち、ポルノ作家として再起した」「自分の感受性だけで書いて、人間をよく見ることのできない川上の純文学は、早晩ポシャる運命にあった」「およそ人間性と無縁なポルノ読み物に、川上がむいていることもまた、たしかなのである」[4]等とこき下ろした。これに対して、川上の友人だった佐藤愛子は激怒し「巾着きりのツェツェ蠅インポテンツのゲス野郎め」「朝日新聞という大看板の下に棲息するネズミ」と百目鬼を罵った[1]
川崎長太郎・井上ひさし
週刊文春』の「風」と題したコラムに百目鬼は匿名で寄稿していたが、そのコラムにて川崎長太郎私小説を徹底的に批判した。百目鬼は、1949年を舞台にした川崎の小説について、登場人物がアメリカの水爆実験について言及する場面を問題視し、アメリカが水爆実験を行ったのは1952年だからこの台詞はありえないと主張し、社会派のふりをした創作だ、等の批判を展開した[5]。これに対し、井上ひさしが、川崎を擁護する論陣を張った。井上は当時の文献を調査したうえで、1949年の『科学朝日』に水爆実験を取り上げた記事が既に掲載されていたと指摘するなど、具体的な資料を提示して百目鬼を論破した[5]。さらに、川崎が足繁く通っていた小田原市立図書館にてこの『科学朝日』の記事を目にしたと推論し、作品中に1949年に水爆実験に言及した場面があっても何ら問題はないとして、百目鬼を厳しく批判した[5]
丸谷才一・江藤淳
1982年、丸谷才一が『裏声で歌へ君が代』を刊行した際、百目鬼は新聞の1面でこれをとりあげて絶賛した。これに対し、江藤淳は、百目鬼と丸谷が同級生であることから仲間褒めだと指摘し、新聞の1面で小説が褒められるのは異例だと厳しく批判した[2]
なお、江藤が月刊連載していた朝日新聞「文芸時評」を、初期に編集担当したのは百目鬼だった、完本は2冊組で新潮社。ちなみに百目鬼は江藤の著書『昭和の文人』(新潮社)をやや批判的に書評している(遺著『解体新著』に所収)。

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 佐藤愛子「看板の下のネズミ」『坊主の花かんざし』1巻、讀賣新聞社1975年
  2. ^ a b 江藤淳『自由と禁忌』河出書房新社
  3. ^ 月刊『文藝春秋』に決別の手記「風と共に去った朝日新聞」を書いている、補訂され『新聞を疑え』に所収。
  4. ^ 百目鬼恭三郎『現代の作家101人』新潮社1975年、70-71頁。
  5. ^ a b c 坪内祐三「人声天語――サヨウナラ井上ひさしさん」『文藝春秋』88巻8号、文藝春秋2010年6月1日、447頁。

関連項目[編集]