白取千夏雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
しらとり ちかお
白取 千夏雄
生年月日 1965年7月17日
没年月日 (2017-03-17) 2017年3月17日(51歳没)
出身地 北海道函館市
職業 漫画編集者
所属 青林堂
ジャンル ガロ系
活動期間 1984年 - 2017年
やまだ紫
公式サイト
白取特急検車場
主な作品
『全身編集者』

白取 千夏雄(しらとり ちかお、1965年7月17日[1] - 2017年3月17日)は、日本漫画編集者。元『ガロ』副編集長。妻は漫画家のやまだ紫

経歴[編集]

1965年北海道函館市宝来町生まれ。上京後の1984年11月12日青林堂に入社[2]。『ガロ』時代は主に男性作家、特に根本敬を長く担当し、ゴキブリの死体を張り付けた原稿を印刷所に持って行って怒られたことがある[3]

元々漫画家志望で手先が器用だったことから図案文字などレタリングもこなし、1990年代初頭には『ガロ』のDTP化を行う[4]。新人としてはねこぢる古屋兎丸福満しげゆきなどを発掘する。

1997年、青林堂から親会社ツァイトに移籍[5]山中潤社長体制下において『ガロ』副編集長と『デジタルガロ』編集長を兼任し積極的にデジタル路線を進めるが、手塚能理子ら編集部員の反発を招き、青林堂の分裂と『ガロ』の休刊を招いた。手塚ら退社組が青林工藝舎を設立した後も青林堂に残り残務処理に当たった。

その後、大和堂蟹江幹彦が青林堂の経営を引き継ぎ『ガロ』を復刊させるが、白取が創設した読者投稿コーナー「4コマガロ」の担当を一方的に降板させられるなど冷遇的な扱いを受ける[6]。結局『ガロ』は2年で再び休刊となり、白取も青林堂を退社する。

2005年白血病の宣告を受け、2007年よりやまだ紫と共に夫婦で京都に移住。2008年より京都精華大学にて非常勤講師を務める。また、日本ジャーナリスト専門学校講師に就任したが、病状の悪化に伴い休職。2009年には妻のやまだ紫に先立たれる。

2015年にメルケル細胞癌併発。廓清手術、放射線照射、化学療法を受けるが転移。2017年3月17日午後8時頃死去[7]

人物[編集]

  • 青林工藝舎を率いる手塚能理子と共に、青林堂の系譜を受け継ぐ人物であった。ただし『ガロ』休刊および青林堂の分裂騒動の経緯から手塚とは確執があったため「青林工藝舎が青林堂の後継者である」という見方には否定的だった[8]
  • ガロ時代は古屋兎丸などを担当し、古屋の作品『パレポリ』にも作中に白取が登場した。白取が制作した『パレポリ』の初版本はあまりに豪華すぎたため、一冊売るたびに赤字になったという経緯が再版本で語られていた[9]。また古屋が『ガロ』を離れて売れっ子になってからも「永久担当」と呼ばれるほどの信頼を置かれていた[10]
  • 青林堂社長の山中潤とも長年わだかまりがあったが、2014年京都で20年ぶりに顔を合わせて和解した[11]
  • 2016年の『キッチュ』(ワイズ出版)7号掲載のインタビュー「“ガロ”のまんが道/元副編集長・白取千夏雄編」が生前最期の仕事となった。また8号には手塚能理子のインタビューが掲載予定であり、過去実現されなかった両者の記事を同じ紙面に掲載するという貴重な試みとなっている

外部リンク[編集]

参照[編集]

  1. ^ 誕生日 - 白取特急検車場 2006年7月17日付
  2. ^ 『月刊漫画ガロ』1985年2・3月号「残飯整理」210頁
  3. ^ マディ上原さんが亡くなった - 白取特急検車場 2009年12月22日付
  4. ^ 山中潤のツイート 2017年3月19日
  5. ^ 「ガロ」と日本のサブカルチャーを考える 白取千夏雄公式サイト
  6. ^ 「ガロ」事件に関する追記PAGE14 - 白取特急 2002年11月
  7. ^ 最後のご挨拶 - 漫画編集家、白取千夏雄氏ご支援とご協力のお願い 2017年03月19日付
  8. ^ 4コマガロ・「長井イズム」のこと - 白取特急検車場 2007年03月29日付
  9. ^ 『パレポリ』(青林堂 1996年)表1
  10. ^ 古屋兎丸のツイート 2017年3月21日
  11. ^ 元ガロ編集長、山中潤さんと20年ぶりに再会した - 白取特急検車場 2014年12月30日付