独立運動家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

独立運動家とは、既存の国家が領有または支配する特定の地域において、既に滅亡した国家を再建し、または新たな国家を建てるために独立運動を指導する活動家のことである。北米のジョージ・ワシントン、インドのマハトマ・ガンディー、南米のシモン・ボリバルなどが知られる。

独立運動の背景[編集]

  • 独立戦争の項によれば、既存の国家が“支配する領土において、特定の地域の住民がその国家からの自治権獲得やその拡大を超えて、国家からの分離・独立を要求する運動”が独立運動である。
  • 独立運動の節によれば、その地域を支配する既存の国家(または中央政府)と独立を求める勢力との間で内戦となる例も多く、また、独立戦争ともいわれる。多くの場合、一定の領域に多様な民族宗教による複数の集団が混ざった状態で居住しているため、当該地域の住民の中でも、独立(および自治の強化)に賛成するもの(地域で多数派となるもの)と反対するもの(少数派となるもの)との対立が発生するといわれる。
  • 分離主義の項によれば、中央と言語も習慣も異なる地方が、独立を目指すことを「分離主義」と呼んでいる。他方、植民地革命の項によれば、植民地従属国における独立運動について、主に武装闘争によって本国からの独立を勝ち取る闘いを「植民地革命」と呼んでいる。

世界の独立運動家一覧[編集]

このような背景の下で、それぞれの地域・時代により、さまざまな性格、思想をもった独立運動家が登場した。その一部は建国の父となった。

  • 中南米の独立運動家

関連項目[編集]