ファン・ボイ・チャウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Flag of Vietnam.svg この人物の名前はベトナム人の命名慣習(姓・ミドルネーム・名)に従っており、呼称はではなく、を用います。
ファン・ボイ・チャウ(潘佩珠)
Phan Bội Châu
PhanBoiChau.jpg
生年月日 1867年12月26日
出生地 阮朝大南国乂安(ゲアン)省
没年月日 (1940-10-29) 1940年10月29日(満72歳没)
死没地 Flag of Colonial Annam.svg フランス領インドシナ連邦フエ
所属政党 維新会
ベトナム光復会
テンプレートを表示
ファン・ボイ・チャウ
各種表記
クォック・グー Phan Bội Châu
漢字チュノム 潘佩珠
北部発音: ファン・ボイ・チャウ
テンプレートを表示
ベトナム
ベトナム社会主義共和国の国章

ベトナムの歴史


主な出来事
仏領インドシナ成立
東遊運動 · 日仏協約
仏印進駐 · 大東亜戦争
マスタードム作戦
ベトナム八月革命
第一次インドシナ戦争
ディエンビエンフーの戦い
ジュネーヴ協定 · 南北分断
トンキン湾事件 · ベトナム戦争
パリ協定 · 西沙諸島の戦い
サイゴン解放
カンボジア・ベトナム戦争
中越戦争 · 中越国境紛争
ドイモイ
スプラトリー諸島海戦


ベトナム共産党
南ベトナム解放民族戦線
共産主義
ホー・チ・ミン思想


「国家」
ベトナム民主共和国
ベトナム国
ベトナム共和国
南ベトナム共和国
ベトナム社会主義共和国
越南民国臨時政府


人物
ファン・ボイ・チャウ
グエン・タイ・ホック英語版
バオ・ダイ
ホー・チ・ミン
ヴォー・グエン・ザップ
レ・ドゥク・ト
レ・ズアン
ゴ・ディン・ジエム
ゴ・ディン・ヌー
マダム・ヌー
グエン・ミン・チェット
グエン・カオ・キ
グエン・タン・ズン
ノン・ドゥック・マイン


言語
ベトナム語 · チュノム
クオック・グー

[編集]

ファン・ボイ・チャウベトナム語: Phan Bội Châu / 潘佩珠1867年12月26日 - 1940年10月29日)は、ベトナムの民族主義運動の指導者。

人物・生涯[編集]

10代の頃から反仏独立運動に参加。1904年阮朝皇族のクォン・デCường Để彊柢)を盟主として「維新会」を結成し、武器援助を求めるべく、1905年大日本帝国へ来日した。亡命中の梁啓超を通じて知り合った犬養毅らから人材育成の必要を説かれたことから、ベトナムの青年を日本に留学させる東遊運動(ドンズー運動)を興した。医師・浅羽佐喜太郎に支援されて活動した[1]。 しかし、このような動きに危機感を抱いたフランス日仏協約日本政府に働き掛けて、1909年に国外退去にさせる。その後中国に渡り、1912年広東ベトナム光復会ベトナム語版を結成した。武力によるベトナムの解放を目指したが、大きな成果は得られなかった。

浅羽の訃報を知ったファンは、1917年大正6年)5月に、偽名を使って大日本帝国密入国した。翌1918年(大正7年)に3度目の訪日をし、東浅羽村(後の浅羽町)の村長・村民による金銭的援助もあって、浅羽佐喜太郎への「報恩の記念碑」を常林寺(現在の静岡県袋井市)に建立した。碑は高さ2.7m、幅0.87mの大掛かりな石碑で、以下の文言が漢文で刻まれた。下記を現代仮名遣いに置き換えて紹介する。

 我らは国難のため扶桑(日本)に亡命した。公は我らの志を憐れんで無償で援助して下さった。思うに古今に類なき義侠のお方である。ああ今や公はいない。蒼茫たる天を仰ぎ海を見つめて、我らの気持ちを、どの様に、誰に、訴えたらいいのか。此処にその情を石に刻む。
 豪空タリ古今、義ハ中外ヲ蓋ウ。公ハ施スコト天ノ如ク、我ハ受クルコト海ノ如シ。我ガ志イマダ成ラズ、公ハ我ヲ待タズ。悠々タル哉公ノ心ハ、ソレ億万年。

— 大正七年三月、越南光復会同人[2]

1925年上海でフランスの官憲によって逮捕され、河内(ハノイ)で終身刑を宣告される。しかし、ベトナム国内の世論の反発を受けて恩赦。順化(フエ)に軟禁されたまま没した。

評価[編集]

ベトナムのフエにはファン・ボイ・チャウ記念館があり、そこにはお墓や晩年住んでいた家、チャウを支援した浅羽佐の没後100年を祈念した日本とベトナムの「友好の碑」[3]が建造されている。2017年には天皇陛下と皇后陛下も記念館を訪れて、チャウの孫と面会している[4][5]。チャウの孫のファン・ティウ・キャットさんは記念館での両陛下との対面後の記者との懇談で

 非常にうれしい。祖父はベトナム独立の夢を抱き、日本にやってきた。(日本での滞在は)厳しいものだったが、ベトナム独立の基礎を作る重要なものであり、現在のベトナムと日本の関係がこのように深くなる基礎となった。日本の最高レベルが(祖父に)関心を持ってくれたことに、私の家族は敬意を持っている。

 私の祖父が日本の最高レベル(天皇陛下と皇后陛下)に認知されたことは、ベトナムの人々にも認知されるだろう。祖父がベトナムに戻ってきたとき、彼は、自分の仕事のすべては失敗したと悲しんでいた。しかしその失敗はすべての人々に教訓をもたらしており、今や東遊(ドンズー)運動は成功したといえる。天皇陛下が私の祖父のことを理解してくれたことを非常に幸せに思う。私の祖父や、多くの日本人は、このような日が来ることを予期しなかっただろう。

と語った[6]

関連作品[編集]

著作物[編集]

日本語訳書[編集]

参考・関連文献[編集]

  • 内海三八郎 『ヴェトナム独立運動家潘佩珠伝 日本・中国を駆け抜けた革命家の生涯』 千島英一、櫻井良樹編、芙蓉書房、1999年3月ISBN 4829502258
  • 田中孜 『日越ドンズーの華 ヴェトナム独立秘史 潘佩珠の東遊(=日本に学べ)運動と浅羽佐喜太郎』 明成社2010年7月ISBN 978-4-944219-90-2
  • 『越南義烈史―抗仏独立運動の死の記録』鄧搏鵬著/後藤均平訳、刀水書房、1993年4月。ISBN978-4-88708-143-7。(電子版もあり)ファン・ボイ・チャウと共に運動に参加、志半ばにして命を落としたベトナム人志士を紀念した小列伝。全47章。訳者解説で20世紀初頭の東遊運動を詳述。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ [1]「医師・浅羽佐喜太郎の没後100年を祈念した「友好の碑」」
  2. ^ [2]「「東遊運動」いまも… 両陛下、ベトナムの記念館訪問へ」
  3. ^ [3]
  4. ^ [4]「両陛下、ベトナム独立指導者の記念館訪問 日越交流の礎」
  5. ^ [5]「両陛下、ファン・ボイ・チャウ記念館ご視察」
  6. ^ [6]「ベトナム独立指導者の孫「東遊運動は成功」
  7. ^ William J. Duiker. Ho Chi Minh: A Life. Hachette Books. p. 29. ISBN 9781401305611. 

外部リンク[編集]

ギャラリー[編集]

右がファン・ボイ・チャウ、左はクォン・デ王子