ズンビ・ドス・パルマーレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ズンビ・ドス・パルマーレスのブロンズ像(ブラジリア

ズンビまたはズンビ・ドス・パルマーレス(Zumbi dos Palmares、1655年? - 1695年11月20日)は、17世紀ブラジルマルーン逃亡奴隷)たちが興したキロンボポルトガル語版英語版(逃亡奴隷集落、共同体)の中で最大規模だった「キロンボ・ドス・パルマーレスポルトガル語版英語版」(ポルトガル語: Quilombo dos Palmares)の最後のリーダー。先代リーダーであるガンガ・ズンバの甥にあたる。

1695年ドミンゴス・ジョルジ・ヴェーリョ英語版によって率いられたポルトガル軍の攻撃(パルマーレスの戦いGuerra dos Palmares))によってパルマーレスは消滅した。ズンビは部下の裏切りにより捕えられて斬首刑に処され、レシーフェの街の広場に遺体は晒し者にされた。

命日の11月20日を、「黒人意識の日」として祝日に定める自治体も多い[1]

1999年には、ブラジル・マセイオの「カンポ・ドス・パルパレス空港」が、「ズンビ・ドス・パルマーレス空港」(en)と改名された。

脚注[編集]

関連項目[編集]