分離主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

分離主義(ぶんりしゅぎ)は、国内における民族的、宗教的、人種的な少数派が中央からの分離独立を目指すことを指す。

概要[編集]

対応は、その国の情勢次第である。独立を認めることもあるし、自治権で妥協させることもある。また実力で封殺することもある。あるいは、自主財源がないなどの理由で、大きな声にならないこともある。

ナイジェリアにおけるビアフラロシアにおけるチェチェンのように、一度独立を宣言した勢力を内戦の末に滅ぼすこともある。

国際的に承認されていないソマリランドイタリア北部の独立を掲げるイタリアの政党・同盟のように、経済的な理由(利益配分の不均衡など)から分離独立を実行したり、主張したりするケースもある。ユーゴスラビア紛争は、民族的・宗教的対立の他に、鉱工業地帯がスロベニアクロアチアに集中していたことにより、ここからの利益の再分配が対等に行われていない(利益農業地帯であるセルビアなど他地域に取られてしまう)、という両国の不満も原因の一つとなっている。

類型[編集]

民族型分離主義[編集]

アフリカ[編集]

AK-47ライフルを持つケニアオロモ人解放戦線

アジア[編集]

2017年9月国民投票直前のイランクルド人による分離独立賛同派デモ

欧州[編集]

ウクライナ東部のドネツクでの親ロシア系住民デモ

北アメリカ[編集]

大洋州[編集]

南アメリカ[編集]

  • 白人が人口の多数(主にドイツ系とイタリア系)を占めるブラジル南部3州の分離独立を主張する「南は私の国(O Sul é o Meu País / The South is My Country)」運動[21]

脚注[編集]

  1. ^ African Ethnicities Archived 2017-12-29 at the Wayback Machine. University of Florida online library.
  2. ^ Excerpt from book Ethnic Conflicts in Africa, Okwudiba Nnoli, Distributed by African Books Collective, 1998, 417 Archived 2008-05-17 at the Wayback Machine., University of Florida online library.
  3. ^ a b Reviews of Katharine Adeney Federalism and Ethnic Conflict Regulation in India and Pakistan Archived 2012-03-11 at the Wayback Machine., Palgrave MacMillan, 2007.
  4. ^ Muini, S.D.; Rupesinghe, Kumar; Tishkov, Valery A. (1996). “Ethnic conflict, federalism, and democracy in India”. Ethnicity and Power in the Contemporary World. United Nations University Press. ISBN 978-92-808-0908-4. オリジナルの2008-05-24時点におけるアーカイブ。. http://www.unu.edu/unupress/unupbooks/uu12ee/uu12ee0j.htm 2008年5月7日閲覧。 
  5. ^ “China issues call to crush Tibetan 'separatists'”. Agence France-Presse. (2009年2月19日). オリジナルの2013年7月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130722084126/http://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5gEx2K2kbCWBACX-kT0_jDbuoWr0w 2010年7月29日閲覧。 
  6. ^ Fink, Kathryn (2019年12月23日). “'For Their Own Good': The Detention Of Muslim Ethnic Groups In China”. National Public Radio. オリジナルの2020年6月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200614235535/https://the1a.org/segments/2019-12-23-uighurs/ 2020年6月14日閲覧。 
  7. ^ Who were the Celts? ... Rhagor”. Amgueddfa Cymru – National Museum Wales website. Amgueddfa Cymru – National Museum Wales (2007年5月4日). 2009年9月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年12月10日閲覧。
  8. ^ Bavaria's right to separate itself from the Federal Republic of Germany: Das Recht auf Eigenstaatlichkeit” [The Right to Statehood] (ドイツ語). landesverband.bayernpartei.de (2006年10月28日). 2013年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月3日閲覧。
  9. ^ Harold E. Glass, Ethnic Diversity, Elite Accommodation and Federalism in Switzerland, Publius, Vol. 7, No. 4, Federalism and Ethnicity (autumn, 1977), 31-48. Oxford University Press.
  10. ^ Εκδήλωση και ψήφισμα στο Δελβινάκι για την Επέτειο Αυτονομίας της Βορείου Ηπείρου”. himara.gr. 2019年1月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月27日閲覧。
  11. ^ Professor Predicts 'Hispanic Homeland' Archived 2012-11-07 at the Wayback Machine., Associated Press, 2000
  12. ^ 新木秀和「メスティサと多文化主義のはざまで」[1]
  13. ^ Leo, John (2007年6月13日). “Let the Segregation Commence, Separatist graduations proliferate at UCLA”. City Journal. 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年5月7日閲覧。
  14. ^ Levit, Nancy (August 29, 2005). Embracing Segregation: The Jurisprudence of Choice and Diversity in Race and Sex Separatism in Schools. University of Illinois. p. 455. オリジナルのMarch 19, 2009時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090319113652/http://home.law.uiuc.edu/lrev/publications/2000s/2005/2005_2/Levit.pdf 
  15. ^ Arenson, Karen W. (2006年4月19日). “CUNY Program to Help Black Men Is Called Discriminatory”. New York Times. 2018年11月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月18日閲覧。
  16. ^ Strategy of White Separatism”. Journal of Political and Military Sociology (Summer 2006). 2011年1月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年5月7日閲覧。
  17. ^ Howell, Nancy B.. “Radical Relatedness and Feminist Separatism”. 2008年6月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。 Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  18. ^ パプア・ニューギニア・ブーゲンビル住民投票の実施について (外務報道官談話)[2]
  19. ^ “New Caledonia pro-independence parties reject referendum result”. Al Jazeera. (2021年12月13日). https://www.aljazeera.com/news/2021/12/13/new-caledonia-pro-independentists-reject-referendum-result 
  20. ^ Easter Island's indigenous leaders want to sever link with Chile” (英語). the Guardian (2010年8月13日). 2022年6月4日閲覧。
  21. ^ Brooke, James (1993年5月12日). “Santa Cruz Journal; White Flight in Brazil? Secessionist Caldron Boils”. The New York Times. オリジナルの2018年7月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180720195118/https://www.nytimes.com/1993/05/12/world/santa-cruz-journal-white-flight-in-brazil-secessionist-caldron-boils.html 2017年12月28日閲覧。 
  22. ^ de 2021, 19 de Octubre. “Insólito aval oficial a grupos que, con respaldo inglés, quieren un Estado separado en el sur de Argentina y Chile: the Mapuche Nation” (スペイン語). infobae. 2022年6月4日閲覧。
  23. ^ On Separatism in Latin America” (英語). E-International Relations (2013年5月20日). 2022年6月4日閲覧。 “"Another separatist movement involved Venezuela’s oil rich state of Zulia, which is located on the western border with Colombia. The right-wing elites in Zulia’s government controlled the vast majority of Venezuelan oil production and thus the country’s revenues."”

関連項目[編集]