「太魯閣号」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
→‎運行概況: 無座(立席乗車の規則変更)
(Template:中華圏の事物内改名対応。)
(→‎運行概況: 無座(立席乗車の規則変更))
 
== 運行概況 ==
当初は台湾初の振り子式車輌である事から「乗り物酔いするのでは」という懸念があったが、運行開始以後は快適性と速達性で、高い利用率を誇っている。今後は「[[台鉄捷運化]]」の推進に伴い、西部幹線への運用拡大が期待されている。
* 使用車両 : [[台湾鉄路管理局TEMU1000型電車|TEMU1000型]][[車体傾斜式車両|振り子式電車]]
* 運行区間 : [[彰化駅|彰化]] - [[台北駅|台北]] - [[台東駅|台東]]・[[知本駅|知本]]間。
* 適用運賃 : [[自強号]]に準じている。
** 全車指定席('''当日分販売を除いて立席乗車不可'''、[[悠遊カード]]等ICカード、[[定期券]]による乗車不可)。指定券を持たずに乗車した場合、[[不正乗車]]として、正規運賃のほかに50%追徴金が課される。
***運行開始以来、春節などの多客輸送期を除いて長らく定員乗車の原則を維持していたが、2019年5月2日より1列車120枚限定で当日売りの無座票(立席券)を販売することになった。当初は駅窓口、その後駅の自動券売機および公式アプリも対応させる<ref>{{Zh-tw icon}} {{en icon}}[https://news.pts.org.tw/article/430483 TRA Sets to Begin Selling Standing Tickets on May 2|普悠瑪.太魯閣號5/2起賣站票 限當天購買] 2019-05-01,公共電視</ref>。ICでの無座利用は引き続き不可。
 
* 経歴
** [[2007年]]2月の春節輸送で[[自強号]]の臨時列車扱いとして、振り子装置をオフにして台北 - 花蓮間で運転開始
|-
|}
* 適用運賃 : [[自強号]]に準じている。
* 全車指定席(立席乗車不可、[[悠遊カード]]等ICカード、[[定期券]]による乗車不可)。指定券を持たずに乗車した場合、[[不正乗車]]として、正規運賃のほかに50%追徴金が課される。
 
当初は台湾初の振り子式車輌である事から「乗り物酔いするのでは」という懸念があったが、運行開始以後は快適性と速達性で、高い利用率を誇っている。今後は「[[台鉄捷運化]]」の推進に伴い、西部幹線への運用拡大が期待されている。
 
== 名称 ==

案内メニュー