新城(太魯閣)駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新城(太魯閣)駅
駅舎
駅舎
新城(太魯閣)
シンチェン〔タロコ〕 - Xincheng (Taroko)
崇徳 (5.3km)
(5.3km) 景美
所在地 花蓮県新城郷新城村30-7号
駅番号 054
所属事業者 台湾鉄路管理局台湾鉄路管理局
等級 二等駅
旧名 新城
所属路線 北廻線
キロ程 62.9km(蘇澳新起点)
電報略号 ㄒㄔ
駅構造 地上駅
ホーム 島式 2面
乗車人員
-統計年度-
307人/日(降車客含まず)
-2008年-
開業年月日 1975年7月26日
新城(太魯閣)駅
各種表記
繁体字 新城(太魯閣)車站
簡体字 新城(太鲁阁)车站
拼音 Xīngchéng (Tàilŭgé) Chēzhàn
注音符号 ㄒㄧㄣ ㄔㄥˊ (ㄊㄞˋ ㄌㄨˇ ㄍㄜˊ ) ㄔㄜㄓㄢˋ
発音: シンチェン〔タロコ〕 チャーヂャン
日本語漢音読み しんじょう〔たいろかく〕えき
英文 Xincheng (Taroko) Station
テンプレートを表示

新城(太魯閣)駅(しんじょう〔たろこ〕えき)は台湾花蓮県新城郷にある台湾鉄路管理局北廻線である。太魯閣の名称は近くの太魯閣国家公園より付けられた。蘇澳新駅から62.9km、太魯閣国家公園へは北へ3km、花蓮市までは17km離れている。

駅構造[編集]

→(側線)
□(島式ホーム)
→(本線)
←(本線)
□(島式ホーム)
←(側線)

利用状況[編集]

  • 二等駅であり、各級の列車が停車する。
  • 北廻線の部分開通時に本駅は設けられた。その時点では所在地の郷名より新城駅(新城車站)と名付けられ、同名だった宜蘭線の新城駅を聖湖駅と改名した。(後に新馬駅と再改名する)
  • 地元住民の運動により花蓮県政府が幾度もの会議を経て新名称を太魯閣駅と決定し、台鉄からも支持された。駅の正式改名前に近隣地区にある多くの道路標識は「太魯閣駅」と改められていた。2007年8月25日 新城駅は太魯閣駅に正式に改名された[1]。但し、最初のうちは暫く元の駅名に新駅名を加える新城 (太魯閣)駅で駅名票や時刻表(2007年11月1日版より)に表示されている。
  • 2008年度の乗車人員は1日平均307人である。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

ギャラリー[編集]

隣の駅[編集]

台湾鉄路管理局
北廻線
崇徳駅 - 新城(太魯閣)駅 - 景美駅

注釈[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]