蘇花公路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
蘇花公路臨海旧道。

蘇花公路(すふあこうろ)は、台湾東部の宜蘭県花蓮県の間を南北に走る省道の愛称で、台9線の一部である。

宜蘭県蘇澳鎮白米橋を起点とし、南方澳東澳南澳武塔漢本大濁水橋(県界)・和平和中和仁清水断崖崇徳太魯閣大橋三棧景美北埔などを経て花蓮県花蓮市の中正路に至る、全長約96km[注 1]の道路である。

1874年に建設が始まり、1876年に完成し[1]日本統治時代には、数度の改修を経ており、1932年に完成した全長100.524kmの自動車道で、「臨海公路」と命名された[1]。1949年10月以後は公路局(現・公路総局)の管理に置かれ、1974年から1990年にかけて改修が行われまし、完成までに16年4か月が費やされた道路拡幅及び改善工事です[1][2]。1990年12月25日に交通管制が解除された[1]。この道路は戦後[注 2]に省道台9線へ編入された[2]。地元での呼称は「蘇花公路」である。

1990年に台湾初の高速道路建設構想「環島高速道路網発展計画」が策定されたのが始まりである[1]。1990年代が始まると同時に、交通部が「蘇花公路山区路段改善計画(通称:蘇花改)」を策定[1]。2008年11月10日に、行政院が承認された計画を実施した[1]。2011年1月29日に建設が始まり、2017年度までに全線開通予定[3][4]

注釈[編集]

  1. ^ このキロポストは相邀來去台9・山海相隨的475公里 104K~200K蘇花公路を参照。
  2. ^ 中華民国統治時代は「戦後」という略称を用いる。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 話說蘇花”. 交通部公路總局蘇花公路改善工程處. 2014年3月11日閲覧。
  2. ^ a b 公路逍遙遊 台9線蘇花公路”. 交通部公路總局第四區養護工程處. 2014年3月11日閲覧。
  3. ^ 交通部公路總局發行 第306期”. 公路通訊社. 2014年3月11日閲覧。
  4. ^ 蘇花改2017通車 爭議20年 環評終過關”. 蘋果日報. 2014年3月11日閲覧。

外部リンク[編集]