九フン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「九份」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
九份のレトロな街並み(豎崎路)
昇平戯院
九份から見た海の眺め
悲情城市の垂れ幕
夜の基山街

九份(きゅうふん、ジォウフェン)は、台湾北部の港町基隆市の近郊、新北市瑞芳区に位置する山あいの町である。

名称の由来[編集]

九份という地名の由来はいくつかある。

  • 台湾語では一般的に「九份」とは「開墾した土地の持分を9人で分けたもの」の意。
  • 清朝初期に9世帯しかなく物を買うときにいつも「9つ分」と言っていたことから、ともいう。

台湾語ではカウフン (kau2-hun7)、あるいはカウフナ (kau2-hun7-a2)、中国語(台湾華語)ではジォウフェン(注音: ㄐㄧㄡˇ ㄈㄣˋ拼音: Jiǔfèn)という。

歴史[編集]

金鉱の町[編集]

その昔、九份は台湾の一寒村に過ぎなかったが、19世紀末にの採掘が開始されたことに伴い徐々に町が発展し、日本統治時代藤田組によりその最盛期を迎えた。九份の街並みは、日本統治時代の面影を色濃くとどめており、路地や石段は当時に造られたものであり、酒家(料理店)などの建物が多数残されている。

しかし、第二次世界大戦後に金の採掘量が減り、1971年に金鉱が閉山されてから町は急速に衰退し、一時人々から忘れ去られた存在となっていた。

観光地化[編集]

1989年、それまでタブー視されてきた二・二八事件を正面から取り上げ、台湾で空前のヒットとなった映画『悲情城市 (A City of Sadness)』(侯孝賢監督)のロケ地となったことにより、九份は再び脚光を浴びるようになる。映画を通じて、時間が止まったようなノスタルジックな風景に魅せられた若者を中心に多くの人々が九份を訪れ、メディアにも取り上げられるなど、台湾では1990年代初頭に九份ブームが起こった。

ブームを受け、町おこしとして観光化に取り組んだ結果、現在では街路(基山街など)に「悲情城市」の名前を付けたレトロ調で洒落た喫茶店や茶藝館(ちゃげいかん)、みやげ物屋などが建ち並び、週末には台北などから訪れる多くの人々で賑わっている。

また、世界の旅行ガイドブック(台北付近)にも多数紹介されており、今では台湾を代表する観光地のひとつとして定着している。

宮崎駿のアニメ『千と千尋の神隠し』のモデルになったというもあり、日本の観光客への知名度が高まったほか台湾でも知られ「神隠少女 湯婆婆的湯屋」の看板がモデルとされる茶屋のそばに掲げられている。一方、ジブリ・宮崎によりこれは公式に否定されている[1][2][3]

2008年11月末、経済部の中小企業処は「(民國)97年度革新科学技術の応用群聚計画」を実施し、九份地区に群聚のウェブサイト、無料の無線Wi-Fi(利用範囲: 基山街と豎崎路の人気があるスポット、約90%含む)、ネット商店、リアルタイム映像システム(九份風景と人潮及び天気が見られる)、QRコードシステム(商店と商品の紹介)などの関連技術を導入し、古い町の九份でも現代的なデジタル技術を活用出来るようになっている。

商店街の一番高い場所から更に50m進んだところにある寺「聖明宮」は、ジャニーズ事務所に所属する「A.B.C-Z」のファースト写真集「五つ星」の表紙などの撮影場所である。

風を聴く〜台湾・九份物語〜[編集]

2007年秋に林雅行監督・脚本のドキュメンタリー映画『風を聴く〜台湾・九份物語〜』が公開された。

同作のナレーションを担当する一青妙と挿入歌として楽曲「大家(ダージャー)」を提供とした歌手一青窈の父親は九份の元金鉱主であり、一青姉妹にとって九份は亡き父の故郷に当たる。「大家」は亡くなった父親への想いを歌った曲である。

沿革[編集]

  • 1903年11月1日 - 街庄長管轄区域改正より九份庄と金瓜石庄が合併し九份庄を新設。基隆庁基隆堡第三区所属。
  • 1920年10月1日 - 地方制度改正より大字九分となる。台北州基隆郡瑞芳庄所属。
  • 1933年12月16日- 大字金瓜石に改称。

アクセス[編集]

電車[編集]

台鉄宜蘭線瑞芳駅 から路線バスかタクシー。

路線バス[編集]

  • 台鉄宜蘭線瑞芳駅から金瓜石行きバス(番号788、825[休日運転])、福隆遊客中心行きバス(台湾好行黄金福隆線、番号856)で約20分。
  • 台鉄縦貫線基隆駅から金瓜石行きバス(番号788)で約1時間。

 「九份老街」バス停下車。(856は「九份」バス停下車)

タクシー[編集]

  • 台北市内から約1200元(日本円で約4500円 ※2017/8現在レート)
  • 台鉄宜蘭線瑞芳駅から205元(一律の協定価格 ※2017/8現在)

高速バス[編集]

基隆客運のバス

 「九份老街」バス停下車。


忠孝復興駅のバス停留所前には、白タクが観光客相手に40分程度で九份に行くと声をかけてくることがあるが、値段はバスと比較して2倍~3倍するため注意が必要である。[4]

施設[編集]

宿泊施設[編集]

九份にはホテル(中国語で飯店、旅社)がなく、宿泊施設は主に民宿である。

近隣の観光施設[編集]


画像[編集]


出典[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯25度06分25秒 東経121度50分35秒 / 北緯25.107度 東経121.843度 / 25.107; 121.843