キョ光号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
本来の表記は「莒光號」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
莒光号
TRA E215 Chukuang at Houbi Station 20150308.jpg
後壁駅を通過する西部幹線の「莒光號」
各種表記
繁体字 莒光號
簡体字 莒光号
拼音 Jǔguānghào
注音符号 ㄐㄩˇ ㄍㄨㄤ ㄏㄠˋ
ラテン字 Chu Kuang Hao
発音: ジューグアンハオ
台湾語白話字 Kí-kong-hō
日本語読み: きょこうごう
英文 Chu-Kuang Express
テンプレートを表示

光号(きょこうごう)は中華民国台湾)で運行されている列車種別の一つ。自強号の補完列車として運行され停車駅が多く、日本の鉄道における日本国有鉄道JR急行に相当する[1]

名前の由来は、蒋介石の訓示である「毋忘在莒」「光復大陸[2]による。

概略[編集]

1970年世界銀行からの借款により導入された車両であり、日本車輌製造日立製作所が共同生産した35SP32850型客車27輌を中心に構成されている。

1970年2月3日、27輌の光号はR100ディーゼル機関車により牽引されて運用が開始された。当日の運行は台北台中間の1011~1014次列車であり、運賃は当時の普通列車の3倍に相当する117元であった。同年2月20日には台北~高雄間の西部幹線全線での運用が開始されている。

上記で紹介した光号以外にも、1970年代から80年代中期にかけて多くの車輌が投入された。型式は異なるが、車体が白地に青線という塗装と、内装に絨毯ソファを使用している点では共通していた。

R100ディーゼル機関車牽引の光号

縦貫線の電化が完成した後は、車体はオレンジ色塗装に変更された。1986年には10200型車輌が投入され、空調設備を上部に設置し、ステンレスを採用したことで軽量化を実現している。

1995年には各型光号のドアが自動化に変更となり、LEDサボを採用すると同時に障害者設備を整備した。この改造を施した光号を通称と称している。2005年末現在441輌が運用されている。

車輌の改造であるが、2003年台湾鉄路管理局高雄隆成発車輌廠間で契約上の問題が発生し、FPK10600型車輌の改造が完了していない。

非電化区間などディーゼル機関車牽引の場合には冷房電源供給用に電源荷物車が連結される。

一部は商務車を連結した環島之星号として団体観光列車に活用されている。

営業[編集]

莒光号の切符

現在運用されている莒光号は合計441輌、総座席は22,000席を超える。2004年の年間延べ乗客数は20,374,404人である(台鉄全体では168,473,029人)。

車輌[編集]

40FPK10670号客車
莒光号の車内
  • 客車(旧莒光
    • 35SP32600
    • 35SP32720
    • 35SP32750
    • 35SP32800
    • 35SP32850
    • 35SP32950
    • 40FP10000(FP10001-FP10064)
    • 40FPK10000(FPK10001-FPK10008)
    • 40FPK11000
    • 35FP1000
    • 35FPK1000
    • 35FPK1100
    • 40FP10100
    • 40FPK10100
    • 40FPK11100
    • 35FPK10200
    • 35FPK11200
    • 35FPK11300
  • 客車(新莒光
    • 35FPK10400
    • 35FPK11400
    • 35FPK10500
    • 35FPK11500
    • 40FPK10600
    • 40FPK11600

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ イカロス出版『台湾鉄道の旅 完全ガイド』p 102
  2. ^ 戦国時代の名将楽毅率いる連合軍に領土の大部分を占領されたものの、僅かに残った莒県を足場に名将田単の用兵によって結果として領土を回復した故事を指し、田単が莒から斉全土を奪回したように中華民国政府が台湾を足掛かりに大陸奪回を目指すことを意味している。