コンテンツにスキップ

「海軍予備員」の版間の差分

* 第1期:昭和17年1月採用(400名)
** [[服部正也]]
** [[山縣有信]]
* 第2期:昭和17年9月採用(482名)
** [[阿川弘之]]:[[東京帝国大学]]繰り上げ卒業、兵科予備学生第2期生として入隊し、[[軍令部#組織|軍令部特務斑]]にて対華諜報担当([[少尉#旧日本軍|少尉]])、[[ポツダム命令|ポツダム大尉]]で復員。