大石政則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大石 政則(おおいし まさのり、1922年7月6日 - 1945年4月28日)は、佐賀県三養基郡基山村(現基山町)出身の大日本帝国海軍特別攻撃隊八幡神忠隊隊員、海軍大尉

来歴[編集]

小学校から高校まで首席、生徒会長。富山高等学校文科甲種を経て、1942年東京帝国大学法学部に首席、現役合格。翌年、徴兵猶予が解除され、召集令状を受ける。1943年10月21日、明治神宮外苑での学徒出陣壮行会に参加。同年12月、長崎県佐世保海兵団に入団。第14期飛行専修予備学生試験に首席で合格。

1945年4月12日、九七式艦上攻撃機に搭乗して串良基地を出撃するが、エンジン不調のために帰投。搭乗していた一号艦攻には整備員にも原因が掴めない欠陥があった。4月27日、翌日の出撃を前にして部下である船川睦夫二等飛行兵曹に彼の三号艦攻との交換を懇願し、船川二飛曹は渋々承諾した。そして、翌28日に鹿児島県串良基地より一番機として再出撃し沖縄沖の連合軍艦艇に突入、戦死。享年22。出撃に際する同機搭乗員は次の通りである:

  • 操縦:少尉 大石政則(佐賀・予学14期・東大)
  • 偵察:少尉 清水吉一(東京・予学13期・立大)
  • 電信:二飛曹 犬童 憲太郎(鹿児島・甲飛12期)

学友[編集]

東京帝国大学法学部から特攻戦死した学友に、堀之内久俊松吉正資安達卓也工藤紀正井上静夫山鹿悦三中尾武徳林元一吉田信小森寿一伊瀬輝男杉村裕萩本勇藤村東郎沢田泰男川橋圭裕山岡元春西沢成裕秀島政雄田中敬治和田稔宇都宮秀一亥角泰彦三根耕造等がいる。

参考文献[編集]

  • 須崎勝彌 『カミカゼの真実』 光人社、2004年