熊本電気鉄道6000形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東京都交通局6000形電車 (鉄道) > 熊本電気鉄道6000形電車

熊本電気鉄道6000形電車(くまもとでんきてつどう6000けいでんしゃ)は熊本電気鉄道(熊本電鉄)が所有している電車の一形式である。

6228A

概要[編集]

老朽化した在来車両の取替えを目的として、東京都交通局都営地下鉄三田線で使用していた6000形を1995年から2001年にかけて5編成譲り受けた。編成両端部の先頭車のみ譲り受けて2両固定編成とし、三田側の先頭車(末尾1)を御代志側に、西高島平側の先頭車(末尾8)を上熊本/藤崎宮前側に連結している。

全編成とも入線前に西日本鉄道(西鉄)筑紫車両基地内にある西鉄産業筑紫工場で改造工事が実施され、架線電圧の変更(1500V→600V)に伴う一部機器取替えが行われている。1995年~96年に譲り受けた非冷房の2編成については、冷房装置の設置も併せて実施された。1999年以降に譲り受けた3編成は都営時代に冷房化改造されている。このほか運賃表示器運賃箱、バックミラーや車載発車ベルなどワンマン運転用設備の設置も実施されており、側面扉の戸袋窓上に「入口」「出口」「締切」を表示するLED表示器を新設している。都営時代に使われていた運行番号幕はワンマン表示に改められた。また前面貫通扉に熊本電鉄の社紋を取り付けている。

当初は番号や塗装を変更せず、外観的には都営時代とあまり大きな差異はなかったが、1999年以降は一部編成で塗装変更されたほか、前面下部にスカートを設置したため、当初とは異なる外観となった。また2001年以降、全編成に順次ATSが設置され、車号にAが追加された。

なお、熊本電鉄に譲渡された車両はすべて日立製作所製である。

運用[編集]

現在、熊本電気鉄道の主力車両として、藤崎宮前 - 御代志間(本線)で運行されている。全長20mと長いことから、各駅が最大18m車1 - 2両分程度のホーム長しかない上熊本 - 北熊本間(上熊本線)には入線しない。

車両別概説[編集]

本形式はすべての車両においていずれかが異なる点を有している。

車両番号 製造年 熊本電鉄での
使用開始年月日
概要
6101A - 6108A(廃車) 1968年 1995年12月22日

都営時代は非冷房だったが譲渡時に分散型冷房装置を1両に4基搭載し、冷房化改造され、熊本電鉄初の冷房電車として登場した。都営時代の塗装のままで就役したが、後に車体帯が藍色から赤色に変更された(なお、偶然ではあるが都営でのデビュー当時も赤だった)。2014年夏に線路内の障害物(自動車が衝突して倒れたガードレール)に乗り上げる事故に遭遇し、その際に台車や床下機器を大きく損傷したため、休車で車両基地の外れに留置されていたが、復帰することなく2018年12月~2019年1月にかけて解体された。

6111A - 6118A 1968年 1996年12月23日

都営時代は非冷房だったが譲渡時に6101A編成と同様の冷房化改造を実施された。この編成は現在も車体塗装の変更がされておらず、都営時代の塗装のままである。

6211A - 6218A 1972年 1999年12月22日

都営での6000形の置き換えが遅れたため3年ぶりの導入となった。都営時代に集約分散型冷房装置を1両に2基搭載して冷房化改造が実施されている。車体帯の変更はないが、視認性向上のために前面窓周りを黄色に塗装している。

6221A - 6228A

6221ef - 6228A
1972年 2000年12月14日 都営時代に冷房化改造済み。車体帯変更なし。6211A編成に比べ、前面窓周りの黄色の幅が広い。また、側面中央部に「ワンマン」の表記板がない。

2014年に台車を川崎重工業が開発したCFRP製台車「efWING」に交換するとともに熊本県のゆるキャラ「くまモン」のラッピングを施し、同年3月14日より「くまモン電車」として営業運転を開始した[1]。それに併せ、「efWING」搭載車両の車番末尾アルファベットを、Aからefに変更。

6231A - 6238A 1972年 2001年12月14日

都営時代から冷房化改造済み。2005年頃から前面帯が貫通扉にも配される。6221A - 6228Aと同じ色太い黄色が特徴だが、青帯が黄色帯同様に貫通扉まで配されている。また、車体改造の際に車体側面の下部がコルゲートのないステンレス一枚板になった。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「くまモン電車」の運行を開始しました - 熊本電気鉄道、2014年3月14日

関連項目[編集]