熊本電気鉄道03形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
営団03系電車 > 熊本電気鉄道03形電車
熊本電気鉄道03形電車
Kumamoto-Type03-131.jpg
03-131+03-831の編成
基本情報
運用者 熊本電気鉄道
種車 営団→東京メトロ03系電車
改造所 西鉄テクノサービス
改造年 2019年-2021年
改造数 6両
導入年 2019年-2021年
総数 3編成6両
運用開始 2019年4月4日
主要諸元
編成 2両編成
軌間 1,067mm
電気方式 直流600V
架空電車線方式
最高速度 50km/h
主電動機 かご形三相誘導電動機
制御方式 IGBT素子VVVFインバータ制御
制動装置 電気指令式空気ブレーキ回生ブレーキ併用)
保安装置 ATS
テンプレートを表示

熊本電気鉄道03形電車(くまもとでんきてつどう03がたでんしゃ)は熊本電気鉄道が2019年(平成31年)より導入した電車

概要[編集]

廃車となった東京メトロ03系を譲り受けて導入したもので、2021年4月現在は2両編成3本が在籍する。

2019年4月4日のデビュー当初は上熊本 - 北熊本間(上熊本線)で運行されていたが、2020年3月17日から藤崎宮前 - 御代志間(本線)でも運行されている。[1]

改造内容[編集]

種車の両先頭車は制御付随車であるため、御代志寄りに連結される車両を制御電動車に電装し、藤崎宮前寄りの制御付随車と1M1Tの編成を組む。電装化にあたって、01形と同等のIGBT素子VVVFインバータ制御装置や、2基のシングルアームパンタグラフを新設した。冷房機器も屋根上スペースや架線電圧の兼ね合いで更新されている。また他形式同様、レシップ液晶ディスプレイ・運賃箱や、整理券発行機、後方確認用のミラー、発車ベルなどといったワンマン運転に必要な各種機器も搭載した[2]

運転台は、マスコンを改造前の縦横軸ツインレバー型のものから、両手ワンハンドルマスコン型に交換した。これは、ワンマン運転対応機器スペース捻出のために車両制御情報管理装置(TIS)を撤去した際、マスコンを交換する必要があったことによる[2]

車内に大きな変化は無いが、各車両車端部3位側の4人掛けシートが廃され、車椅子スペースが編成中2か所整備された。乗降用ドア上の旅客情報案内装置路線図によって埋め込まれ、中吊り広告や車両間の貫通扉も撤去された。ドアチャイムは熊本電鉄仕様のものへ交換された[2]

車両の外観について、東京メトロのロゴが貼られていた箇所には、それに合わせたデザインの熊本電鉄社章が01形と同様に貼られた。行先表示器は種車の3色LED式を流用した[2]

2021年4月現在、車体の塗装は3編成とも東京メトロ時代のまま変化ない。

編成別概説[編集]

03-131+03-831[編集]

2018年7月30日付で東京メトロにおいて廃車2019年3月15日付で再入籍[2][3]2019年4月4日に上熊本 - 北熊本間で営業運転を開始した[4][2]スカートは、営業運転開始当時には非装着であったが、同年7月に取り付けられた[2]

03-137+03-837[編集]

2020年2月13日に西鉄筑紫工場から熊本電鉄北熊本車庫へ陸送された[5]2020年4月27日から営業運転に入っている[1]

03-132+03-832[編集]

2021年2月16日付で再入籍。また、この編成をもって03形の導入は完了し、同年3月7日には3編成を並べての記念撮影会も行われた。[6]

編成表[編集]

Mc Tc 車体製造メーカー
03-831 03-131 東急車輛製造
03-137 03-837 東急車輛製造
03-832 03-132 近畿車輛

パンタグラフは御代志側(Mc)に2基搭載。車番は東京メトロ時代から変更されていない。

脚注[編集]

  1. ^ a b 「東京メトロ03系がなぜ長野に? 長野電鉄3000系デビューを追う」”. bizSPA! フレッシュ (2020年8月4日). 2020年11月21日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 東京メトロ03系が熊本電鉄に“転職”。波瀾万丈な車両の現況” (日本語). bizSPA!フレッシュ (2019年10月19日). 2020年1月3日閲覧。
  3. ^ 『鉄道ピクトリアル』 2019年10月号 146P
  4. ^ 熊本電鉄03形が営業運転を開始 - 交友社「鉄道ファン」railf.jp 鉄道ニュース 2019年4月5日
  5. ^ もと東京メトロ03系2両が熊本へ”. 鉄道ニュース (2020年2月14日). 2020年11月21日閲覧。
  6. ^ 03形 写真撮影会開催のお知らせ | 熊本電気鉄道株式会社” (日本語). www.kumamotodentetsu.co.jp. 2021年4月23日閲覧。

関連項目[編集]