池窪浩一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
池窪 浩一
別名 浩一
生誕 1982年9月24日
出身地 日本の旗 日本大阪府
ジャンル ロック
J-POP
職業 ギタリストベーシスト作曲家編曲家
担当楽器 ギター
共同作業者
Bahashishi(2003年11月 - )
公式サイト columbia.jp/artist-info/bahashishi/prof.html
著名使用楽器
Gibson '69 SG STANDARD、fender custom shop stratocaster、fender custom shop jazzmaster、fender custom shop telecaster、Gibson ES-335、GibsonJ50、Fractal Audio Systems Axe-Fx III、Axe-Fx II、AX8、CUSTOM AUDIO AMPLIFIERS 2×12 212、Koch ATR-4502、Pro tools system、BOSS GT-8、BOSS GS-10[1]

池窪 浩一(いけくぼ こういち)は、大阪府出身のギタリストソングライター、ロックバンドBahashishiのメンバー。ニックネームは、いけっち、池ちゃん、ツボ氏。高橋優[2]藤原さくら[3]などのサポートギタリスト及び、アレンジャーとしても活動している。

来歴[編集]

15歳の頃ギターを始める。ヤマハ音楽院大阪卒業。

2003年11月、大阪にてバンドBahashishiを結成。当初は、ジャズやスタンダードな洋楽をカヴァーしていたが、この時期からオリジナル曲の制作を始めた[4]

2005年11月に拠点を東京に移し、2006年5月、アルバム『心の世界』にて「Aer-born」レーベルからメジャーデビューを果たした。2011年4月1日をもって活動を休止。

活動休止後は、高橋優、藤原さくら、YULALi(ユラリ)[注 1]などのソロアーティストのライブサポートを行う傍ら、他アーティスト作品のアレンジャーとしても活動している。

提供作品[編集]

アーティスト

レコーディング参加作品[編集]

アーティスト

  • 高橋優
    • アルバム『今、そこにある明滅と群生』 (2014年) 他多数
  • 関ジャニ∞
    • アルバム『関ジャニズム』(象) (2014年)
  • 藤原さくら
  • リリィ、さよなら。
    • ミニアルバム『リリィ、さよなら。』(2015年)
    • ミニアルバム『ハッピーエンドで会いましょう』(2015年)
    • シングル『春色の彼女』(2016年) 他多数

その他の作品[編集]

アーティスト

  • まる池商店(岡本愛梨との音楽プロジェクト)
    • シングル『愛のくず』 (2016年4月27日、MI:S RECORDS)※配信限定
    • シングル『キミに恋してる』 (2018年5月5日、MI:S RECORDS)※配信限定
    • シングル『Time keeper』 (2019年6月13日、MI:S RECORDS)※配信限定

ミュージックビデオ[編集]

アーティスト

メディア出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

スチール・広告[編集]

書籍[編集]

雑誌[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ Bahashishiヴォーカルのソロ活動時のサポート

出典[編集]

  1. ^ mnaviinterview Vol.23:浩一(Bahashishi)”. Roland Music Navi. Roland (2009年3月25日). 2016年7月5日閲覧。
  2. ^ “【エンタがビタミン♪】高橋優のデビュー5周年にバンドメンバーが素敵なプレゼント。「渾身のラップ」に感動。”. TechinsightJapan. (2015年7月30日). http://japan.techinsight.jp/2015/07/takahasiyu-5syuunen-dougapresent.html 2016年7月15日閲覧。 
  3. ^ “見た目はあどけない少女、演奏はグッと大人の女性。藤原さくらが同世代SSWと一線を画す理由”. CINRA.NET. (2015年7月1日). http://www.cinra.net/review/20150701-fujiwarasakura 2016年7月15日閲覧。 
  4. ^ Bahashishiとは何か、心とは何か”. musicshelf. 金羊社 (2016年7月25日). 2010年3月18日閲覧。
  5. ^ リリィ、さよなら。「どうして君は世界で一人」特集|二人三脚で作り上げた“セカンド思春期”完結編”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年6月23日). 2016年7月5日閲覧。
  6. ^ 等身大をさらけ出すリリィ、さよなら。の攻勢――成長を続ける楽曲たち”. ONE TONGUE MAGAZINE. ONE TONGUE MAGAZINE (2015年11月5日). 2016年7月5日閲覧。
  7. ^ “チームしゃちほこ 8月3日 ニュー・シングル「ULTRA 超 MIRACLE SUPER VERY POWER BALL」のアートワーク公開!”. ASUKiMi. (2016年7月2日). http://asukimi.com/?p=6969 2016年7月15日閲覧。 
  8. ^ “BS-TBS『土曜スタジアム~Sound Inn “S”』”. PR TIMES. (2016年3月17日). http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000088.000005544.html 2016年7月15日閲覧。 
  9. ^ 島村楽器WEBサイト 「HISTORY Guitarist 池窪 浩一」”. 島村楽器. 島村楽器 (2018年11月5日). 2019年2月9日閲覧。

外部リンク[編集]