横見浩彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
よこみ ひろひこ
横見 浩彦
生誕 (1961-11-14) 1961年11月14日(57歳)
国籍 日本の旗 日本
出身校 日本大学法学部
職業 トラベルライター

横見 浩彦よこみ ひろひこ1961年11月14日 - )は、日本のトラベルライター[1][2][3]2005年に当時の日本国内にあるJR私鉄の全駅訪問を達成したとされている[4][要検証]

略歴[編集]

1961年
11月14日、神奈川県に生まれる。
?年
日本大学法学部卒業。
1987年
1月2日可部線三段峡駅にて、当時の国鉄全線の完乗を達成。
1995年
10月29日因美線美作河井駅で、JR全4636駅(当時)訪問達成。
2001年
『週刊ビッグコミックスピリッツ増刊IKKI』(後の月刊IKKI)2002年1月1日号(第7号)から、漫画『鉄子の旅』連載開始、旅の案内人を務める。
  • 2006年12月号で(一旦)連載終了。
2005年
2月20日上信電鉄上州福島駅にて、JR・私鉄全9843駅(当時)の訪問を達成。
2007年
9月25日、『横見浩彦ラジオ鉄道』(バーディ企画)が放送開始される。
  • 2008年1月1日、『横見浩彦ラジオ鉄道』から『横見とゆゆのラジオ鉄道』に改名。
  • その後何度か改名し、2010年11月に、元の『横見浩彦ラジオ鉄道』へ戻る。
  • 2015年3月に放送終了。
2009年
8月22日近江鉄道本線ひこね芹川駅にて、通算1万駅訪問達成。
『月刊IKKI』2009年7月号より漫画『新・鉄子の旅』連載開始、前作同様旅の案内人を務める。
2016年
月刊サンデージェネックス』2016年6月号より『鉄子の旅3代目』連載開始。

人物[編集]

  • 高校1年生で初めて長期の鉄道旅に繰り出し、30歳の頃のスキー旅行で安比高原駅での電車の待ち時間に駅の構造をメモに残し、他の駅でも同じことをしたとき「駅は無限じゃない、全ての駅に降りることは可能」と考えたことが全駅降車をするきっかけ[5]。もともと鉄道旅を趣味にしていたため定職には就かず、全駅降車を目指して冬は資金稼ぎのアルバイト、春に旅を再開、節約のために駅で寝袋に入って眠りにつき、食事はパンにジャムを塗って凌いだ[5]
  • 1997年5月、廃線となる南部縦貫鉄道線野辺地駅で待っていた際、父の危篤を家族からの連絡を受け、最終電車に乗った後に向うも、父の死に間に合わなかったと語っている[6][5]。さすがに「相当取り返しのつかないことをしたと思った」というが、鉄道趣味最優先の生活は変わらず、パートで働いていた運送会社からの「正社員にならないか」との誘いも断ったという。
  • JR・私鉄全駅下車時[7]には自らマスコミにプレスリリースを送り、多数の取材を受けた[5]
  • 鉄道ファンの中の「鉄ヲタ」であることを本人も認めており、あまりに熱を上げすぎ、漫画『鉄子の旅』の作者である菊池直恵や、同作のゲストなど取材に同行した者が呆れることがあるという。
  • 経済観念が高く、川島令三との対談では以下のように「運賃・料金が高い/安い」「無料」にこだわりを見せている[8]
この部分では川島が「横見さんは、値段のことには詳しいんだね」と発言している[23]
『新・鉄子の旅』でも(本人は旅の節約術としている)ケチぶりを披露して(取材にレギュラー同伴していた)村井美樹を呆れさせた。

著書[編集]

共著、監修など[編集]

登場作品[編集]

出演番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 横見浩彦の鉄道コラム→横見浩彦・プロフィール(2012年3月4日時点のアーカイブ) - TBS
  2. ^ 新・鉄子の旅 商品の説明 - Amazon.co.jp
  3. ^ 鉄道の神様に訊く「ほぼ日の路線図」。 - ほぼ日刊イトイ新聞
  4. ^ 国内の全駅下車達成、横浜のトラベルライター横見さん”. 朝日新聞. 2005年2月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月30日閲覧。
  5. ^ a b c d 朝日新聞 2018年8月26日 25面
  6. ^ 菊池直恵 『鉄子の旅 (6)』 IKKI COMIX IKKI1354 ISBN 978-4091883544、119-120p
  7. ^ 自身のウェブサイトのチャレンジ1万駅(2001年2月25日)でも公表しているが乗車のみの駅もある
  8. ^ 川島令三×横見浩彦 『この列車がすごい』 メディアファクトリー新書 ISBN 978-4840131490。同書における横見の肩書きは「全駅下車達成者」となっており、62pでは「僕も私鉄は全駅下車してますけど」と発言している。
  9. ^ 『この列車がすごい』21p
  10. ^ 『この列車がすごい』46p
  11. ^ 『この列車がすごい』50-51p
  12. ^ 『この列車がすごい』59p
  13. ^ 『この列車がすごい』76p
  14. ^ 『この列車がすごい』67p
  15. ^ 『この列車がすごい』72p
  16. ^ 『この列車がすごい』75p
  17. ^ 『この列車がすごい』99p
  18. ^ 『この列車がすごい』108p
  19. ^ 『この列車がすごい』114-115p
  20. ^ 『この列車がすごい』124p
  21. ^ 『この列車がすごい』128-129p
  22. ^ 『この列車がすごい』133p
  23. ^ a b 『この列車がすごい』153p
  24. ^ 横見浩彦 牛山隆信 『すごい駅』 メディアファクトリー新書 014、68p/『すごい駅! 秘境駅、絶景駅、消えた駅文春文庫 [う-33-1]、95p

関連項目[編集]

外部リンク[編集]