松山せいじ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
松山 せいじ
生誕 1975年4月8日(41歳)
日本の旗 日本福岡県
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
公式サイト http://blog.goo.ne.jp/densuke6161
テンプレートを表示

松山 せいじ(まつやま せいじ、1975年(昭和50年)4月8日[1] - )は、日本漫画家福岡県出身。男性。妻は同じく漫画家の香月アイネ左利き[2]血液型O型[3]。極端な巨乳の女性が登場する作品を多く描き、本人も同人誌などで自らを「おっぱい漫画家」と称している[4]

人物紹介[編集]

代々木アニメーション学院マンガ・コミックプロ養成科卒業[5]秋田書店の雑誌・『週刊少年チャンピオン』で、『エイケン』が話題になり、同作とともにブレイクした。

自らの作品以外にも、『アイドルマスター』のコミックアンソロジー vol.1一迅社)では表紙イラストを手がけた。また『週刊少年チャンピオン』(2007年(平成19年)8号)では、Xbox 360版『アイドルマスター』の紹介記事内でイラストの執筆などの活動をしている。

鉄道ファンであり[6]小学館における「鉄作品」の仕掛け人の一人として知られる石川昌彦と意気投合した結果、鉄子を題材にした漫画・「鉄娘な3姉妹」などを手がける。

同ジャンルにおいては『ゆりてつ』以降、画風を従来のものとは変化させ、より少女漫画的なタッチに切り替え、芸風の広がりを見せるようになった。最も好きな駅は香椎線海ノ中道駅(旧駅)[7]、好きな新幹線は800系とされている[8]

2008年(平成20年)11月11日、「キミキス after days」のネームを担当した香月アイネと結婚[9]

作品一覧[編集]

連載中[編集]

連載終了[編集]

その他[編集]

  • 逃亡車(コミックボンボン増刊号 読み切り連載)
  • モウ烈!睡拳マスター(同上)
  • ブラック・ジャック ふしぎなピノコ(週刊少年チャンピオン 2005年8号掲載、ブラック・ジャックをテーマにした読み切り作品)
  • マコトのチカラ?(週刊少年チャンピオン 2005年9月25日増刊号掲載、読み切り作品。『エイケン公式ガイドブック』内に、作品が載っている)
  • 天使の料理人?サンマ(週刊少年チャンピオン 2005年13号掲載、読み切り作品)
  • 人造メイドたまご(週刊少年チャンピオン 2005年35号掲載、読み切り作品。『ぶっ☆かけ』第4巻に再録)
  • THE IDOLM@STER コミックアンソロジー Vol.1(一迅社刊(ISBN 4-7580-0281-9)、表紙イラストのみ)
  • キミキス THE ANTHOLOGY(チャンピオンREDコミックス 2007年12月20日、秋田書店刊(ISBN 978-4253230384)。「キミキスゾクセイ」のタイトルで、一作品掲載)
  • エイケン スピン★オフ(COMICアキバナ! No.00掲載。読み切り作品)
  • 奥サマは小学生チャンピオンRED いちご読み切り連載。2008年11月20日、秋田書店刊(ISBN 978-4-253-23013-1))
  • 小さな鉄のメロディコミック鉄ちゃん読み切り連載。2014年9月、辰巳出版刊)

小説挿絵[編集]

同人作品[編集]

  • アイマスゾクセイ

アシスタント[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2011年4月8日の本人Twitterより
  2. ^ 。『エイケン公式ガイドブック』(秋田書店 2003年9月5日刊 ISBN 4-253-20137-7) 37頁での作者のコメントより、左利きであることが伺える。
  3. ^ アホでマヌケなオタクのそっくりさん 2009年10月分(10月14日)より。
  4. ^ 同人誌『アイマスゾクセイ』32頁などに記載あり。
  5. ^ 『エイケン 1巻』(少年チャンピオン・コミックス 秋田書店 2001年9月刊 ISBN 978-4253200912)より。
  6. ^ 2009年1月5日には、早朝博多駅にて写真撮影をしていた所を地元TV局九州朝日放送の番組ドォーモから取材を受け、その様子が同番組内で放送された。
  7. ^ GX鉄道倶楽部2008年10月号記事より。
  8. ^ GX鉄道倶楽部2009年1月号記事より。
  9. ^ アホでマヌケなオタクのそっくりさん 2008年11月分(11月11日)より。

外部リンク[編集]