松田文雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松田 文雄(まつだ ふみお、1908年3月9日 - 1971年7月9日)は、日本洋画家一水会会員。

京都府生まれ。東京の麻布小学校を経て、東京府立第一中学校時代、画家を目指すことを時の川田正澂校長に汲んで貰い、テストの点数が赤点だらけで卒業させてもらう[1]。1931年に東京美術学校西洋学科卒業。在学中に帝展初入選した。その後、一水会に出品し会員となる。

戦後は日展にも出品し、脳溢血により半身不随となるも作品を出品し続けた。1970年に念願のローマに赴いた。1971年の死後まもなくして、新宿小田急百貨店で遺作展が開催された[2]

作品に「松田文雄画集」など。

脚注[編集]

  1. ^ 『麻布中学と江原素六』(川又一英、新潮新書、2003年) 「第5章 麻布・府立一中の時代」
  2. ^ 松田文雄 東文研データベースアーカイブ