東京水道サービス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東京水道サービス株式会社
Tokyo Waterworks service Co., Ltd.
Green Tower Building-2007-02 cropped.jpg
本社のある新宿グリーンタワービル(東京都新宿区)
種類 株式会社
略称 TSS(ティー・エス・エス)
本社所在地 日本の旗 日本
160-0023
東京都新宿区西新宿6-14-1
新宿グリーンタワービル5階
設立 1987年(昭和62年)2月2日
業種 電気・ガス業
事業内容 水道業
代表者 増子敦(代表取締役社長
資本金 1億円
売上高 136億1百万円(2011年度)
総資産 47億54百万円(2012年3月31日現在)
従業員数 1,341名(2017年4月現在)
主要株主 東京都水道局(51%)
(株)クボタ(19%)
(株)栗本鐵工所(10%)
(株)損害保険ジャパン
(株)みずほ銀行
(株)みずほコーポレート銀行
(株)三菱東京UFJ銀行
東京海上日動火災保険(株)
(2012年3月31日現在)
外部リンク http://www.tssk.jp/
特記事項:東京都水道局が所管する東京都監理団体である
テンプレートを表示

東京水道サービス株式会社(とうきょうすいどうサービス、英語表記:Tokyo Waterworks service Co., Ltd., 通称:TSS)は日本水道事業を行う会社である。本社は東京都新宿区西新宿新宿グリーンタワービル

東京23区以外の主な拠点として東京都立川市柴崎町の多摩事業本部がある。 東京都以外にも埼玉県さいたま市大宮区大門町のさいたま事務所がある。

概要[編集]

東京都などが出資する第三セクター会社で、前身は水道総合サービス株式会社である。 東京都水道局の出資比率は、51%であり東京都監理団体とされている。

管路施設の管理、浄水施設の管理、水道に関するコンサルティング・調査、技術開発、水道資器材の管理・販売を主要事業としており、主たる委託者は東京都水道局である。 近年では、給水装置業務委託や設計業務、工事監督を受託している。

沿革[編集]

  • 1987年(昭和62年)2月2日 - 東京都中央区日本橋小伝馬町に水道総合サービス株式会社創立
  • 1990年(平成2年)5月28日 - 大田区雪谷大塚町に本社移転
  • 1993年(平成5年)6月 - 自動水質計器保守点検業務を受託
  • 1994年(平成6年)4月 - 多摩水道事故受付センター設置受付業務を受託
  • 1996年(平成8年)4月 - 大船配水所外10個所水道用施設運転管理等業務を受託
  • 1997年(平成9年)5月6日 - 新宿区西新宿に本社移転
  • 1998年(平成10年)4月 - 貯蔵品管理業務、メータ管理業務を受託
  • 2000年(平成12年)4月 - 上水南浄水所外9個所水道用施設運転管理及び運用等業務を受託
  • 2001年(平成13年)4月 - 多摩業務センター(立川ビル)開設
  • 2001年(平成13年)6月21日 - 社名を東京水道サービス株式会社に変更
  • 2003年(平成15年)1月 - ISO 9001:2000認証取得
  • 2006年(平成18年)4月1日 - 給水装置工事検査現場立会等業務を水道局から受託
  • 2007年(平成19年)4月1日 - 直結給水方式切替えの見積り・相談サービスを開始
  • 2007年(平成19年)4月1日 - 砧浄水場の運転管理業務を受託
  • 2008年(平成20年)4月1日 - 区部に給水管工事事務所8箇所開設、給水装置業務を受託
  • 2008年(平成20年)4月1日 - 三園浄水場の運転管理業務を受託
  • 2009年(平成21年)6月1日 - 長沢浄水場の運転管理業務を受託
  • 2011年(平成23年)4月1日 - 小作浄水場の運転管理業務を受託
  • 2012年(平成24年)9月18日 - タイ王国現地企業との合弁会社TSS-TESCO BANGKOK Co., Ltd.を設立
  • 2013年(平成25年)2月12日 - タイ王国首都圏水道公社との無収水対策事業に関する契約の締結
  • 2013年(平成25年)9月27日 - ミャンマー・ヤンゴン市との技術協力等に関する覚書の締結
  • 2014年(平成26年)3月18日 - JICA及びペナン水道株式会社(PBAPP)とMOM(議事録)を締結

関連項目[編集]

外部リンク[編集]