李イ鋒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
李 瑋鋒 Football pictogram.svg
名前
愛称 大頭
カタカナ リー・ウェイフォン
ラテン文字 Li Weifeng
中国語 李 瑋鋒
基本情報
国籍 中華人民共和国の旗 中国
生年月日 (1978-12-01) 1978年12月1日(39歳)
出身地 長春市
身長 182cm
体重 73kg
選手情報
ポジション DF
利き足 右足
代表歴
1999–2011 中華人民共和国の旗 中国 114 (14)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj
本来の表記は「」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

李 瑋鋒(リー・ウェイフォン、Li Weifeng 1978年12月1日 - )[1]は、中国出身の元同国代表サッカー選手。現役時代のポジションはDF(センターバック)。

代表キャップ数100を超える中国を代表するDF。2008年2月に中国で開催された東アジアサッカー選手権・対日本戦鈴木啓太にのど輪をしたことで知られるなどラフプレーが多い選手として有名。

2002FIFAワールドカップでは全試合フル出場。その後李鉄と共にエバートンFCに加入したが、半年間で公式戦出場2試合に終わり退団している。

2008年9月28日、中国スーパーリーグ・対北京国安戦乱闘を起こし、その後8試合の出場停止処分を受けた。その処分に納得しなかった武漢光谷はリーグから脱退。結果的にチームは中国サッカー協会より除名処分となり、翌年のリーグに参加出来ず解散となった。そのため2009年には活動を韓国に移し水原三星ブルーウィングスに移籍した。

代表キャプテンを務めた名選手ながら、前述の通り問題児であり、そのため代表キャプテンを剥奪されている。

2011年に天津泰達へ加入し、2015年に現役を引退。2016年に天津権健の副総経理に就任した。

所属クラブ[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]